“いじめの証拠”として診断書を公開した元AOAクォン・ミナに応援が届くも「むしろ苦しい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

K-POPガールズグループAOA出身のクォン・ミナが、精神科診断書公開後の心境を伝えた。

【関連】元K-POPアイドルが精神科の診断書を公開、内容は?

クォン・ミナは1月18日、自身のSNSを通じて「私は大丈夫。診断書を一枚掲載しただけなのに悪口が止み、急に良い文と応援文だけが掲載される。むしろ苦しく感じているのは、私が今ちょっと鋭敏なせいでしょう?」と心境を明かした。

続いて「これまで数え切れないほど、制御できていない状態で叫んできたが、信頼どころか虚言症や嘘つきと言われ、殺人者扱いまで受けた私の切実な言葉が、お医者さんの一言のおかげで今になってやっと元気を少し取り戻したようだ」と話した。

クォン・ミナは、自分を心配するファンにメッセージを伝えた。「大したことなく、良くなっているから心配しないで。そして私がまた悪い考えをしているんじゃないかと心配していが、私は大丈夫。すでにこれ以上のことも克服してきた」と述べた。

これに先立って同日、クォン・ミナは悪質な書き込みに、重苦しい心境を表し、精神科診断書を公開していた。

(写真=クォン・ミナInstagram)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集