『トンイ』の“幸薄王妃”がフレッシュな美貌を大放出! パク・ハソンの最新広告が話題【PHOTO】

このエントリーをはてなブックマークに追加

女優パク・ハソンが、溌剌とした美貌でファンをときめかせた。

【写真】『トンイ』の名子役は「愛され小悪魔美女」に!

パク・ハソンは最近、スキンケアブランドWELEDA(ヴェレダ)の人気シリーズ、「カレンドラベビーライン」の広報大使に抜擢。WELEDAは、100年の歴史を誇るスイス発祥のオーガニックブランドだ。

WELEDAは今回の抜擢について、「多くの女性から共感を呼ぶ演技で愛され続けるパク・ハソンさんのイメージが、世界中の母親たちに愛されてきたカレンドラベビーラインにぴったりだ」と明かしている。

ブランド側が公開した広告カットの一部では、パク・ハソンの爽やかな美しさを見ることができる。鮮やかなイエローの容器を引き立てる真っ白なワイシャツと、艶感を重視したヘアスタイリングは、清潔感極まる装いだ。

清純な美貌と確かな演技力で人気を集めるパク・ハソンは、日本でも大ヒットした時代劇ドラマ『トンイ』で心優しき王妃、仁顕(イニョン)王后を熱演。

仁顕王后は数多くの時代劇で聖女のような王妃として描かれるお馴染みの歴史上人物だが、パク・ハソンが劇中で見せた演技は視聴者から「パク・ハソンほど仁顕王后の人徳を見事に表現した女優はいない」と大きな反響を得た。

◇パク・ハソン プロフィール

1987年10月22日生まれ。2005年にハ・ジウォンの主演映画『ふたつの恋と砂時計』の試写会に足を運んだところをスカウトされ、その年にドラマ『愛は奇跡が必要』に出演してデビューした。当時の年齢は18歳で、スカウト時は高校生だった。その後映画『アパート』『19歳の母』、ドラマ『王と私』などに出演。とくに、2010年放送の『トンイ』で演じた仁顕(イニョン)王后は大きな反響を得た。
 

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集