俳優イ・ビョンホンの研究書に推薦文を寄せた、“意外な女性芸能人”は?「長いこと話し合った気分」

2020年11月26日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優イ・ビョンホンのすべてを網羅した書籍『俳優イ・ビョンホン』が11月26日に発売された。

【関連】イ・ビョンホン、本の発売に感謝「母より詳しいかも」

『俳優イ・ビョンホン』は、韓国初の“俳優学”を標榜した、「ペク・ウナ俳優研究所」によるアクトロジーシリーズの第1弾。今年でデビュー30周年を迎えたイ・ビョンホンの膨大な資料や本人のインタビュー、同僚俳優と側近たちのインタビューまで収録されている。

そんななか、ソロ歌手のイ・ヒョリが同書の推薦文を寄せて話題を集めている。

イ・ヒョリによる推薦文は「スクリーン以外ではなかなか会えなかった俳優イ・ビョンホンと長いこと話し合った気分。もし私が演技をすることになれば、この本を教科書のように持ち歩くだろう。もともと好きな俳優だったが、この本を読んでもっと好きになった」と書かれている。

イ・ビョンホンと個人的な親交はないが、ファンの立場で本の最終稿を読み、快く推薦文を作成したとのことだ。

(写真=ペク・ウナ俳優研究所Instagram)

イ・ヒョリのほか、俳優イム・シワンも推薦文を書いた。

映画『非常宣言』(原題)でイ・ビョンホンと共演した彼は、「後輩として気になってしょうがなかった俳優イ・ビョンホンの内部に、秩序整然かつ露骨に迫る。そして思う存分観察して分析できるようにしてくれる。断言するが、最も“完璧な作品”の分解図がついに公開された」と寄せ、本に対する期待を高めた。

『俳優イ・ビョンホン』表紙

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集