アジア各国で“ヒョンビン熱”冷めやらず。ドラマ『愛の不時着』旋風はまだまだ続く

このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優ヒョンビンが、国境を超えた“ヒョンビンブーム”を巻き起こしている。

ドラマ『愛の不時着』が今でも世界で話題を集めているなか、その中心にいるヒョンビンに関心が高まっているのだ。

【画像】金正恩氏とヒョンビン!? CNNインドネシアが謝罪、何があった?

特に『愛の不時着』の人気が続く日本では、現地メディアがヒョンビンの魅力を分析したり、彼の過去作に注目したりしている。

ファッションマガジン『ELLE Japan』は、ヒョンビンが演じたリ・ジョンヒョクについて「日本でウケる韓流ドラマの王道」「存在そのものがファンタジー」と絶賛を惜しまなかった。『VOGUE JAPAN』も「性別役割分業などという概念が消滅した世界の理想の男性像」と評している。

ヒョンビンの魅力にハマったのは日本だけではない。中国、フィリピン、タイなど東南アジア圏や、英語圏の反応も熱い。

現地のテレビ局が『愛の不時着』ブームを特集するほか、各国のセレブたちが番組で『愛の不時着』を語り、ヒョンビンとの合成写真をSNSに投稿するなど、「ヒョンビン熱」をアピールしている。

アメリカの日刊紙ワシントン・ポストは『愛の不時着』を「必ず見るべきおすすめの海外シリーズ作」に選定、『フォーブス』(Forbes)も「2019年最高の韓国ドラマ」に挙げるなど、『愛の不時着』とヒョンビンが世界中を虜にしている。

(写真=tvNドラマ『愛の不時着』公式HP)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事