『100日の郎君様』でEXOのD.O=ド・ギョンスの七変化を楽しもう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

『100日の郎君様』でド・ギョンス(EXOのD.O.[ディオ])が演じている主人公が本当に変わっている。

当初は重苦しい王宮の世子として登場する。名はイ・ユル。このユルが王宮をさらに重苦しくしているのが、自分の反抗的な態度だ。世子嬪(セジャビン)を完全に無視して、高官に悪態をつき、国王である父にも心を閉ざしている。

【写真】EXOディオ、ドラマ『100日の郎君様』の一問一答

ユルがこんなふうになってしまったのは、少年時代の最愛のフィアンセや慕っていた実母を失ったからだ。その張本人が高官のキム・チャオンだった。

チャオンは世子嬪の父親でもあった。とにかく、王宮の中枢にいる人物を嫌悪するイ・ユルは、生き甲斐をなくした未来の国王だった。

しかし、ドラマではまったく違う主人公も出てくる。それがウォンドゥクだった。

実は、ユルが暗殺されそうになって九死に一生を得たのが、親切な村人に命を助けられたからだ。

しかし、記憶喪失になってしまい、自分が何者かがわからない。それなのに、態度がでかく作業も無能だ。

こんなダメ男から村で生きていけないが、なにしろ元々世子だったので、庶民の暮らしがわからないのだ。

かくして、ドラマではド・ギョンスが2人の対照的な青年を演じることになった。

役柄の変化を巧みに演じ分けるのは大変だが、ド・ギョンスが個性の違いを見事に表している。

『100日の郎君様』韓国制作発表時のド・ギョンス

彼自身も二つの役を大いに楽しんだ様子で、特に庶民になったときの演技がとてもいい。美男がダメ男に扮することも意外性があるし、王宮での世子との対比も面白く見比べることができる。


『100日の郎君様』は韓国で大評判になった時代劇だが、ヒットした要因はやはり、相反するキャラクターを対照的に描いたド・ギョンスのセンスが生きていたからだろう。

そういう意味で、このドラマはド・ギョンスの七変化を大いに楽しめる展開になっている。

文=康 熙奉(カン・ヒボン)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事