イ・ビョンホン、コロナと闘う医療陣への応援リレーに参加! 「妻からの指名で」【PHOTO】

このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優イ・ビョンホンが、新型コロナウイルスと闘う医療陣に温かいメッセージを伝えた。

【写真】イ・ビョンホンの幼少期に「すでにオーラがやばい」の声

イ・ビョンホンは5月8日、インスタグラムに“尊敬”を意味する手話のポーズをとった自身の写真を掲載。最近韓国で広がりを見せている医療陣への応援リレー、「#おかげでチャレンジ」に参戦した。

投稿を通じてイ・ビョンホンは、「新型コロナウイルスの危機を克服するために昼夜を問わず奮闘してくださっている、医療陣の皆さまの犠牲と苦労に心から感謝します。イ・ミンジョンさんからの指名でこの意義深いチャレンジに参加することとなりました」と綴り、自身の妻である女優イ・ミンジョンと応援の気持ちをわかちあった。

投稿を目にしたファンからは、「イ・ビョンホンさんの気持ちがとてもうれしい」「元気が出ます」「相変わらず素敵です」といった称賛の声はもちろん、「ミンジョンさん、ありがとう」「ミンジョンさんのおかげで素敵なビョンホンさんを見られました」といったイ・ミンジョンに対する感謝の言葉も綴られた。

(写真=イ・ビョンホンのInstagram)

◇イ・ビョンホン プロフィール

1970年7月12日生まれ。漢陽(ハニャン)大学校在学中にアルバイトを通じて「コカ・コーラ」をはじめとした多数のCMに出演。母親の友人が韓国の地上波KBS主催の公開採用オーディションの願書を手に俳優の道を勧め、1990年にKBS公開採用14期生に合格した。翌年にはトップの成績で研修を終え、すぐにテレビドラマ『アスファルト、我が故郷』でデビューした。2000年に公開された主演映画『JSA』は韓国でメガヒットし、社会現象に。2004年にドラマ『美しき日々』が日本で放送された際には、クールさと強引さを兼ねそなえた男らしいキャラクターで視聴者の心を掴んだ。2019年には主演映画『白頭山』を通じて北朝鮮の工作員を熱演し、大きな反響を得た。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集