KARA出身ギュリ、山本裕典や寺西優真との共演映画で快挙! ドレスアップ姿公開にファン歓喜

2020年02月27日 話題 #写真 #KARA
このエントリーをはてなブックマークに追加

KARA出身ギュリが、「モナコ国際映画祭」に出席した近況を伝えてファンを喜ばせた。

【関連】元KARAギュリの熱愛ニュースに声援が止まらない!

ギュリは2月27日、自身のインスタグラムに「第17回モナコ国際映画祭に参席しました」と投稿。同映画祭に出品された『Revive by Tokyo24』で、共に主要人物を演じた寺西優真とのドレスアップツーショットを公開した。

写真の中の2人は、フォーマルなスタイルで会場を華やかに彩っている。鮮やかなブルーのカクテルドレスに身を包んだギュリは、まさに女神のような美しさだ。

去る2月21~23日にかけて開催された「第17回モナコ国際映画祭」で、『Revive by Tokyo24』はコンペティション部門正式招待作品に選出。最優秀脚本賞を受賞して注目を集めた。

同作は、AI技術が発達した2025年の東京を舞台とした刑事ものアクションサスペンス。山本裕典と寺西優真、ギュリがメインキャストを務め、風見しんごが重要人物を演じるなど、ストーリーはもちろん実力派の出演陣にも注目が集まっていた。

ギュリの投稿を目にしたファンからは、「ドレスがとても似合っています」「美しさがどんどん更新されるギュリ」「女神降臨とはこのこと」と称賛のコメントが続々と寄せられている。

昨年10月に、7歳下の財閥三世ソン・ジャホとの交際を認めたギュリ。熱愛発覚後は「女神さまに春が来た」と世間からのエールが尽きなかった。

(写真=ギュリのInstagram)

◇ギュリ プロフィール

1988年5月21日生まれ。1995年に子役としてデビューし、2007年にKARAのメンバーとして本格的に音楽活動をスタートさせた。KARAの活動当初はリーダーとしてグループを牽引し、美しいビジュアルでファンから「女神」と呼ばれていた。女優に転向した2016年からは、ドラマ『蒋英実』『恋の花が咲きました』、映画『2つの恋愛』『サヨナラの伝え方』『Beautiful Food』『Revive by TOKYO24』などで安定的な演技を披露しながら女優としてのキャリアを積んでいる。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事