ブルージェイズのリュ・ヒョンジンが移籍後、初の公式練習「おもしろかった」【現地取材】

このエントリーをはてなブックマークに追加

トロント・ブルージェイズに移籍後、初の公式トレーニングを行ったリュ・ヒョンジン(33)が満足感を表わした。

【写真】韓国の「美しすぎるチアリーダー」TOP10

リュ・ヒョンジンは2月14日(日本時間)、米フロリダ州で最初の公式トレーニングを行った。この日、ブルペンピッチングを予定していたリュ・ヒョンジンは、計33球を投げてコンディションを調整した。

ブルペンピッチングを終えて簡単なコンディショニングトレーニングを行ったリュ・ヒョンジンは、練習後、取材陣のインタビューに応じた。

以下、リュ・ヒョンジンとの一問一答。

―新しいチームで初のトレーニングとなった。

初めてだったので、おもしろかった。ブルペンピッチングは上手くできたようだ。

―新しいチームメイトたちと話をする機会はあったか。

1週間が過ぎた。のんびりしている。まだ会話する機会は多くない。自分もこのチームで新しいことを学ばなければならない。

―昨シーズンは好成績を残したが、何か変えるつもりはあるか。

まったくない。準備過程など、良かったときの感じを変えるつもりはない。

―昨シーズンはベテラン捕手ラッセル・マーティン(ロサンゼルス・ドジャース)がボールを受けたが、ここでは若いキャッチャーと呼吸を合わせなければならない。

僕も初めてであり、捕手も初めてだ。キャンプで多くの会話をしなければならないと思う。オープン戦を通じて合わせていく。

―投手コーチとの会話はどうだったか。ビデオを見たのか。

昨日、多くの会話をした。キャンプ期間のスケジュールを計画した。映像は見なかった。僕ができるようにスケジュールが進んでいる。

―春季トレーニングは、どのように進めていくのか。

ゆっくり投球数とイニング数を増やす。アメリカに進出後、ずっとそうやってきた。それに体が慣れている。最初から多くのことをやりたい気持ちはない。

―ドジャースにはクレイトン・カーショウなどがいたが、ここではエースだ。

エースと呼ぶにはちょっと。新しいチームに良い待遇を受けて入ったが、まずは若い選手たちと親しくなりながら、試合をおもしろくすることを考えている。エースとしての役割は考えていない。

―エースの役割とは何か。

多くの試合に出場して勝利することだ。

―今日、初めてボールを投げたが、どんな感触だったか。

楽しく33球を投げた。正式には、最初のブルペンピッチングだったが、これまで続けて(ブルペンピッチングを)してきた。だから特別な感じはあまりなかった。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集