韓国女子卓球、15歳“神童”の活躍で東京五輪の団体戦出場決定!

2020年01月27日 スポーツ一般 #卓球
このエントリーをはてなブックマークに追加

15歳の“神童”の活躍で、女子卓球韓国代表が東京五輪団体戦の出場権を手にした。

【関連】東京五輪のメダル数で韓国は日本に及ばない?米国データ会社が予測

1月22日から26日にかけて、ポルトガルのゴンドマルで2020年東京五輪の卓球団体戦・世界最終予選が行われた。

女子卓球韓国代表は第1ステージのベスト8決定戦で北朝鮮に敗れ、同決定戦で敗れた計8チームによる第2ステージへと移行した。トーナメント形式の第2ステージでは、最後まで勝ち抜いた1チームに東京五輪出場の最後の1枠が与えられる。

韓国は第2ステージ1回戦でウクライナ、準決勝でスペインを下し、決勝でフランスと激突した。

シン・ユビン(写真は2018コリアオープン国際卓球大会のもの)

第1マッチのダブルス(シン・ユビン、チェ・ヒョージュ)、第2マッチのシングルス(イ・ウネ)を制した韓国。第3マッチのシングルス(チェ・ヒョージュ)は敗れたが、東京五輪出場へリーチのかかった第4マッチのシングルスで15歳の“神童”が魅せた。

第4マッチに出場したシン・ユビンは、フランスのマリー・ミゴに3-0(11-9、11-9、11-7)のストレート勝ちを収め、韓国女子を見事オリンピック出場に導いた。

これにより、韓国卓球は男女ともに東京五輪団体戦への出場が決まった。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集