7試合ぶりゴール!ソン・フンミンがチームメイトを称賛「サポートと犠牲があったからこそ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

“ノーゴール”のスランプを7試合ぶりに脱したソン・フンミン(27・トッテナム)が、チームメイトに花を持たせた。

【関連】パク・チソンが“退場連発”のソン・フンミンについて言及

1月23日(日本時間)、トッテナムはプレミアリーグ第24節ノリッジ・シティ戦を2-1で勝利した。

リーグ戦で5試合ぶりに勝ち点3を得たトッテナム(勝ち点34)は暫定6位に浮上し、チャンピオンズリーグ出場圏内の4位チェルシー(勝ち点40)との差を縮めた。

先発出場したソン・フンミンは1-1で拮抗していた後半24分に決勝弾を挙げ、チームを勝利に導いた。このゴールにより、ソン・フンミンは昨年12月8日の第16節バーンリー戦以降1カ月以上も苦しんだ“ノーゴール”のスランプからついに抜け出した。

(写真提供=ロイター/アフロ)決勝弾を挙げたソン・フンミン

ノリッジ戦のゴールで、ソン・フンミンはシーズン11ゴール目(リーグ戦では6ゴール目)を記録した。

試合後、ミックスゾーンで取材に応じたソン・フンミンは、「難しい試合だったが皆が良く耐えてくれた。ゴールがどれだけ良いことか。苦しい時期にゴールを決められて嬉しいし、チームを勝利に導かなければならない責任も感じている」と語った。

そして、「チームメイトのサポートと犠牲があったからこそのゴールだ。自分の欲よりも、チームにポジティブな結果をもたらすことが重要だ」と同僚を称えた。

トッテナムとしてもゴールと勝利が必要だった。エースのハリー・ケインが負傷離脱したことで、ノリッジ戦前までリーグ3試合連続無得点に終わるなど、エース不在による得点力不足に悩まされていた。

だが、ノリッジ戦の2ゴールによって、久しぶりに勝ち点3を獲得した。加えて、トッテナムはようやくリーグ戦で2020年初勝利を得られた。

試合後、取材に応じるソン・フンミン

ソン・フンミンは「大事な選手が抜けたから、自分のゴールでチームを助けたかった。遅くはなったがようやく新年初勝利を得た」と述べた。

また、「運が続かないときもあり、満足できるパフォーマンスをいつも発揮することは難しいが、勝つことは重要だ。今日の勝利がチームを上位に引き揚げる原動力になれば良い」と強調した。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事