フィギュアGPファイルに挑む“キム・ヨナ後継者”イ・ヘイン独占インタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ミスする場面が出たら“アイゴー”って口に出ちゃいますって」

大きな大会を控えた選手たちはよく、イメージトレーニング」をするという。ベストコンディションで披露したパフォーマンスを頭の中で絶えず再生するトレーニング法で、特にメンタルが重要な種目ではすでにほとんどの選手がイメージトレーニングをしている。

刹那のミスが度重なると転倒にもつながるフィギュアスケートでも、イメージトレーニングは一般的だ。主に自分が演じた演技の中で修行要素をすべて成功させた動画を繰り返し見ながら、重圧感を払拭するために自己暗示をするわけだ。

韓国フィギュア最高の有望株となったイ・ヘイン(14歳・漢江中学校)は正反対の路線を選んでいる。

【写真】かわいい&美人の「キム・ヨナの後継者たち」韓国の女子フィギュア5人を紹介

取材に応じるイ・ヘイン

2019年国際氷上競技連盟(ISU)ジュニアグランプリで2度の優勝を成し遂げた彼女は今、グランプリファイナル(12月5~8日・イタリア・トリノ)をわずか1週間余り残した時点だが、かえって自分がミスした映像を集中的に探してみているというのだ。

「昨年のジュニアグランプリ代表選抜戦、サハリンでの冬季ユースアジア大会、今年のユース五輪選抜戦など、見る映像が多すぎます。ミスする場面が出るたびに、思わずため息が出ます」と苦笑いしたイ・ヘインは、「演技中は一瞬なので、その瞬間はなぜミスをしたのか分からず、そのまま倒れてしまう。後でしっかり確認しなければ、(ミスの原因を)ずっと知らないまま通り過ぎてしまう。ミスをする場面を見れば、絶対に繰り返したくない気持ちにもなれるんです もっと粘り強くフィギュアに取り組まなければという気持ちになる」と真摯に語ることもためらわなかった。

フィギュア専門家たちがイ・ヘインを評価するとき、かならず挙げるのがその「強心臓」ぶりだ。それこそ彼女の強みだという人も多い。

トルソワとシェルバコフの演技を見て…

彼女の強みは、グランプリファイナルまでの過程で収めた2度の優勝を通じてもよく表れている。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事