初の韓国代表に招集された光州FCナ・サンホ、「代表初ゴールを決めたい」

2018年11月06日 サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Kリーグ2光州FCの“マシンガン”、ナ・サンホが初のA代表に抜擢された。

韓国サッカー協会は11月5日、ソウル新門路(シンムンロ)のサッカー会館で開かれた11月のAマッチ2連戦に臨む韓国代表メンバーを発表した。現在Kリーグ2得点ランキング1位(15得点)を記録しているナ・サンホも、堂々と名を連ねた。

生涯初のA代表に選出されたナ・サンホは、「夢に描いた国家代表チームなので、今の気持ちはなんとも表現するのが難しいほど良い」と感激。「アジア大会決勝戦を前に、ベント監督によるA代表発表があった。そのときルームメイトだったソン・フンミン兄が“お前もA代表に行くことができる。頑張って”と励ましてくれた。だが実際にこんなに早くチャンスが訪れるとは思わなかった」と笑った。

今シーズンのナ・サンホは絶好調だ。パク・ジンソプ監督就任後、光州FCの主力として活躍し、現在リーグ得点ランキング1位、8月のアジア大会では金メダルを首にかけた。そして今回、A代表にまで選出された。

(写真提供=光州FC)ナ・サンホ

ナ・サンホは「最近、すごく高くジャンプして、着地する夢を見た。夢解きを調べてみると、目標に近付くことができる兆候とのことだった。アジア大会では完璧な活躍を見せることはできなかった。今回の試合では、確実な競争力を見せたい」と語った。

今年の目標も明確だ。ナ・サンホは「今年は多くのことがあったが、今のコンディションであれば何でもできるかもしれない。代表選出に満足せず、Aマッチデビュー、代表初ゴールまで決められるように最善を尽くした」と抱負を明かした。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事