プレミア12連覇を目指す韓国、メキシコを破って日韓戦に臨まなければならない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

5万人以上を収容することができる“日本野球の聖地”東京ドームで、満員の観客が一斉に日本代表を応援する姿は、それ自体が豪華だ。

すでにチケットが完売した11月16日の日韓戦でも、観客が東京ドームを満員に埋めると見られる。野球韓国代表がメキシコを下し、最高に雰囲気を引き上げた状態で日韓戦に臨まなければならない理由だ。

【関連】さらに重要になった“宿命の日韓戦”…韓国の先発は誰が担うのか

韓国は11月15日19時、東京ドームでWBSCプレミア12スーパーラウンド第3戦メキシコと試合を行う。

アメリカを倒して大会4連勝と勢いに乗っていた韓国は、台湾に敗れて決勝進出に黄信号が灯った。他の試合結果にも左右される状況だが、韓国は残されたメキシコ戦と日本戦でいずれも勝利してこそ決勝進出を決めることができるので、単純に全勝だけを目指して試合に臨むことになる。

11月13日、日本対メキシコの試合

台湾戦で雰囲気が沈んだ韓国は、メキシコを制圧し、悪い雰囲気を変えるきっかけを用意しなければならない。上昇気流を再び作って日韓戦を迎えてこそ、優勝に挑戦する権利を得ることができる。

もしメキシコに敗れて2連敗を喫した場合、韓国は最悪の雰囲気で日本戦を行わなければならない。チームの雰囲気が沈んでいる状況で、東京ドームを満員に満たす一方的な応援を受ければ、さらに後退するしかない。試合開始前から機先を制される可能性もある。

韓国キム・ギョンムン監督は、「他のチームの状況を気にせず、残りの試合にすべて勝つという考えで最善を尽くしたい」と述べた。結局、メキシコと日本の両方に勝って決勝進出を決めることが、最もすっきりとしたシナリオだ。

満員の観客が日本代表応援する姿は圧巻だ

最初の関門であるメキシコ戦の結果は、日韓戦にまで影響を与える可能性がある。4年前に大逆転劇を繰り広げて優勝したように、韓国がメキシコを下し、日本を破れば、東京ドームに集まった満員の観客を沈黙させることができる。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事