ラグビーW杯、日本代表に韓国メディアも注目「強豪国ともならぶ戦いぶりを見せつけた」

2019年10月21日 スポーツ一般 #ラグビー
このエントリーをはてなブックマークに追加

ラグビーワールドカップ2019日本大会で、史上初の決勝トーナメント進出を決めたラグビー日本代表が、10月20日の準々決勝で南アフリカと対戦し、3-26で敗れた。

この試合について、南アフリカ戦で3番プロップとして先発出場した具智元(グ・ジウォン)の母国である韓国でもニュースが報じられている。

【関連】ラグビー日本代表・具智元の母国・韓国のラグビー事情

本紙『スポーツソウル』のチョン・ダウォ記者は、「日本の善戦はここまでだった」と記事を書き出した。

そして「終始南アフリカに圧倒され厳しい試合を展開し、準決勝進出に失敗した。日本は前半開始4分にマカゾレ・マピンピのトライを許す不安定なスタートを切ると、以降続けて失点し劣勢に陥った。前半20分に田村優が決めたペナルティゴールが唯一の得点だった」と詳細を伝えた。

(写真=ラグビーW杯公式サイト)日本対南アフリカ

また、「日本は今大会、開催国として参加し善戦した。帰化や市民権を得た外国人選手を中心に、強豪国ともならぶ戦いぶりを見せつけた。グループリーグを全勝で通過し期待を集めたが、ラグビー強豪国の南アフリカの前には力不足だった。南アフリカは2度の大会優勝経験を持つチームであり、前回大会でベスト4に入っている。日本はアジア勢初のベスト4進出に挑んだが、南アフリカの壁を越えられなかった」と続けた。

未だラグビーワールドカップ出場経験がない韓国内でも、隣国の快進撃には注目が集まったようだ。

ラグビーワールドカップ準決勝は、10月26日にイングランド対ニュージーランドが、27日にはウェールズ対南アフリカが横浜国際競技場で行われる。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集