韓国も久保建英のW杯予選デビューに注目!! 「日本は大々的に報じたが…」

2019年09月11日 サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

久保建英(マジョルカ)が日本の最年少出場記録を更新した。

森安一監督率いるサッカー日本代表は9月10日(日本時間)、ミャンマー・ヤンゴンで行われたカタールW杯アジア2次予選・第1戦でミャンマーと対戦。中島翔哉のゴールで先取点を奪うと、南野拓実が追加点を決め、2-0で勝利した。

【関連】久保建英とイ・ガンイン、新たな局面に入った“日韓ライバル物語”が始まる

久保は後半36分から途中出場し、10分ほどピッチを走った。積極的に動いたが、攻撃ポイント(ゴール+アシスト)はあげられなかった。

日本の勝利も勝利だが、この日の多くの関心は、久保のワールドカップ予選デビューに傾いた。

スペインの名門レアル・マドリードに入団し、マジョルカにレンタル移籍された久保は、日本サッカーの有望株だ。去る9月2日のラ・リーガ第3節のホームゲームに出場し、韓国の18歳イ・ガンイン(バレンシア)と対戦して、スペインで“ミニ日韓戦”が開かれた。

ミャンマー戦でベンチスタートとなった久保は、後半36分に投入された。18歳98日の久保はこの試合出場で、日本のワールドカップ予選の最年少出場記録を更新した。

1982年にスペインW杯アジア予選に19歳67日で出場した風間八宏の記録を、なんと39年ぶりに更新したことになる。『スポーツ報知』『毎日新聞』など日本の主要メディアは、久保の記録を塗り替えた久保を大々的に報じた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事