韓国Vリーグ女子部のGSカルテックス、日本遠征で日立Astemo&群馬銀行と6試合実施

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国プロバレーリーグ・Vリーグ女子部のGSカルテックス・ソウルKIXXが、2022-23シーズンを控えて日本で転地訓練を行う。

【写真】韓国の美女バレー選手6選

GSカルテックスは9月26日、「この日から10月3日まで、茨城県で7泊8日にわたって転地訓練を実施する」と伝えた。

GSカルテックスは期間中、日本女子1部の日立Astemoリヴァーレと4試合、2部の群馬銀行グリーンウイングスと2試合を行い、実践感覚を高める。強力な独自戦術訓練を通じて組織力アップに焦点を合わせ、2022-2023シーズンのリーグ優勝に向けで本格始動する。

チャ・サンヒョン監督は、「今回の海外合宿を通じて、選手たちのチームワークを最大化しようと思う。日本チームとの練習試合で実戦感覚を引き上げ、足りない部分を補えるようにする。また基本技に優れた日本チームの長所を習得できる良い機会だけに、最善を尽くす」と明らかにした。

(写真提供=KOVO)2022年8月、KOVOカップで優勝したGSカルテックス・ソウルKIXX

またハン・スジ(33)、ハン・ダヘ(27)、ユ・ソヨン(23)が代表選出により、今回の転地訓練に参加できなくなったなか、韓国国内選手最年長のオ・ジヨン(34)は「日本転地訓練を通じてチームメイトたちとの呼吸を最大限も引き上げ、近づく新シーズンで優勝するために、韓国チームの粘り強いチームカラーをより引き立たせるよう、最年長として妹たちを導く」という覚悟を明らかにした。

(記事提供=OSEN)

【写真】「この世の美貌じゃない」韓国バレー美人姉妹の圧巻ビジュアル

【写真】韓国美女バレー選手、“モデル顔負け”のキス顔

いじめ問題で非難轟々…「欧州逃避」した韓国女子バレー選手のイマ

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集