サガン鳥栖DFにバイエルンFWも!元Jリーガー率いる“パリ五輪世代”U-23韓国代表の最新メンバー発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国サッカー協会(KFA)は9月13日、9月の国際親善試合を戦うパリ五輪世代のU-23韓国代表のメンバー27人を発表した。

【写真】バイエルンに加入した19歳の韓国人MFイ・ヒョンジュとは?

元セレッソ大阪、柏レイソルで1999年Jリーグ得点王のファン・ソンホンが監督を務めるU-23韓国代表は、今月18日に京畿道(キョンギド)華城(ファソン)で招集される。

そして、23日に華城総合競技タウン主競技場でU-23ウズベキスタン代表と対戦した後、26日に同会場で強化試合を行う。

メンバーは主にKリーグ1・2部でプレーする選手や大学生を中心に構成されたなか、4人の海外組が名を連ねた。

Jリーグからは今夏に浦項(ポハン)スティーラースからサガン鳥栖にレンタル移籍で加入したパク・ゴヌが招集。欧州からはバイエルン・ミュンヘンのイ・ヒョンジュ、ヴェルダー・ブレーメンのパク・ギュヒョン、ニュルンベルクのホン・ユンサンとドイツでプレーする3人が選ばれた。

なお、今年6月に行われたU-23アジアカップメンバーからはコ・ヨンジュン(浦項スティーラース)とイ・ジンヨン(大邱FC)が引き続き招集された。当時選ばれていたイ・ガンイン(マジョルカ)はA代表に1年半ぶり復帰し、オ・セフン(清水エスパルス)は所属チームでの負傷で招集を外れた。

ファン・ソンホン監督は発表に際し、「パリ五輪に向けた旅程の始まりであるだけに、選手一人ひとりの能力と性向、発展の可能性を把握することに焦点を合わせようと思う」とし、「新たに連携を深めている段階ではあるが、この年代の選手たちの競争力を通じて良いパフォーマンスを披露したい」と伝えた。

(写真提供=韓国サッカー協会)ファン・ソンホン監督

U-23韓国代表メンバー27人は次の通り。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集