天皇杯準々決勝、京都サンガがパウリーニョの2Gで勝利。「うれしい悩みが一つ増えた」と曺貴裁監督

2022年09月07日 サッカー #玉昌浩
このエントリーをはてなブックマークに追加

9月7日に、J1の京都サンガF.C.とJ2の東京ヴェルディによる「天皇杯JFA第102回全日本サッカー選手権大会」準々決勝が、味の素スタジアムにて行われた。

試合は新加入のパウリーニョの2ゴールで、京都サンガF.C.が東京ヴェルディに2-1で勝利し、準決勝へ駒を進めた。

「あの場面で、あの状況で、得点を入れるというのは、持って生まれた才能と、王国ブラジルから来た落ち着き。それを周りがどう生かすかということも含めて、うれしい悩みが一つ増えた」と、京都サンガF.C.の曺貴裁監督は評価した。

さらに、「パウリーニョがどういう選手かというのが、相手に知られるデメリットはあるが、味方の選手に良く知られた。この短い期間でチームのやり方に全部合わせて、個人の特徴が消えてしまうと新加入の意味がない。彼をどう生かすか、彼が自分の力を見せて、周りがそれを理解するというのが、サッカーの移籍の世界では鉄則だと思う」と説明した。

一方、東京ヴェルディの城福浩監督は、「選手はチームとしてやるべきことを、今日はやった。負けには値しない試合をやったと思っている」とコメントした。

(写真提供=日本サッカー協会)京都サンガF.C.
(写真提供=日本サッカー協会)東京ヴェルディ

(文=玉 昌浩)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集