久保建英と対照的なイ・ガンイン…移籍か残留か“五里霧中”の現状

このエントリーをはてなブックマークに追加

イ・ガンインが所属するバレンシアのプレシーズンに合流した。

バレンシアは7月15日(日本時間)、公式ツイッターを通じて「練習しに行こう」という内容の文とともに、イ・ガンインの写真を公開した。

【関連】久保建英とイ・ガンイン、新たな局面に入った“日韓ライバル物語”が始まる

公開された写真のイ・ガンインは、自分のスニーカーとサッカーシューズを手に、練習場に向かっている。その表情は明るかった。

所属チームに復帰したが、イ・ガンインとバレンシアには解決すべき課題がある。イ・ガンインの移籍問題だ。

イ・ガンインは昨シーズン、バレンシアで出場機会を保障されなかった。それでもイ・ガンインはU-20ワールドカップで大活躍してゴールデンボール(大会MVP)を受賞し、彼の評価が急上昇して状況が変わった。

(写真=バレンシア公式Twitter)イ・ガンイン

イ・ガンインの移籍については関連報道が相次いで出ているが、進捗はない。

レバンテが第一候補とされているが、イ・ガンインの行き先は“五里霧中”だ。オランダのアヤックスとアイントホーフェンが関心を持っていることもわかっている。

さらに同日、スペインのマヨルカ地域紙『ウルティマオラ』は、「RCDマヨルカが韓国人MFイ・ガンインのレンタル移籍を望んでいる」と報じた。またスペインメディア『アス』は、イ・ガンインがマルセリーノ監督と移籍に関する対話を行う予定であり、計画が変わらなければレンタル移籍になると伝えた。

イ・ガンインがどんな決定を下すかが注目される。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事