“いじめ双子”批判の元バレー韓国代表、悪質DM被害を告白「思ったより国内外でファンが多かった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

元男子バレー韓国代表のキム・ヨハン(36)が、イ・ジェヨン(25)とイ・ダヨン(25)の双子姉妹を批判したことで悪質DM被害に遭ったことを明かした。

【写真】「この世の美貌じゃない」双子姉妹の圧巻ビジュアル

キム・ヨハンは10月22日、自身のYouTubeチャンネル『キム・ヨハンTV』を更新。

「イ・ジェヨン、イ・ダヨン姉妹言及後、DMテロを受けました」というタイトルの9分程度の動画を投稿し、悪質コメント被害に遭っていることを告白した。

キム・ヨハンは去る9月13日、YouTubeチャンネル『チョン・ヨンジンとチェ・ウクのメブルショー』の生配信に出演に出演した際、学校いじめ問題で物議を醸したイ・ジェヨンとイ・ダヨンについて言及。

「記事を読んだがひどいものばかりだった。暴力はなくならなければならない。学生時代にいじめに加担したことがある場合はプロチーム側が選ばないなど、連盟も防止のために努力をしている」とし、「過去には担任の先生に殴られることが当然視されていた時代もあったが、イ・ジェヨンとイ・ダヨンのケースはあまりにも最近だ。通常であれば先輩が後輩を集めるときは規律を整えることが多いが、個人的にいじめるケースはない」と、双子姉妹を痛烈に批判していた。

イ・ジェヨン(左)とイ・ダヨン

イ・ジェヨンとイ・ダヨンの双子姉妹は今年2月に学生時代のいじめが発覚。直後に2人は謝罪文を発表したが、その波紋は社会問題にまで発展。所属チームの興国生命ピンクスパイダーズからは無期限出場停止処分を下され、韓国バレーボール協会からは代表資格を永久剥奪された。

その後、興国生命が2021-2022シーズンの選手登録に2人を含めなかったことでFA(フリーエージェント)に。ただ、韓国国内での現役続行はほぼ不可能だったことから海外移籍を模索。そして最近、ギリシャのPAOKテッサロニキに2人揃って加入していた。

「守ってあげたい気持ちはわかるが…」

今回の動画内で、キム・ヨハンは「『メブルショー』に出演した際、“イ・ジェヨン、イ・ダヨンの双子姉妹について話を聞いても良いか”と要請され、番組の特性を理解して承諾した。(双子姉妹に関する)記事を基に話をすることで合意した」と、双子姉妹について言及した経緯を説明。

「『メブルショー』では記事で明らかになった内容だけに言及した。例えば、今は(イ・ダヨンが)結婚しているという事実を皆が知っている。私も当時は結婚の事実を知っていたが話さなかった」と、当時の報道に基づいて発言していたことを明らかにした。

ただ、当時の生配信が予想以上に話題となったことで、イ・ジェヨンとイ・ダヨンのファンから悪質なDMが多数届いたようだ。

「放送後、多くのDM爆弾に苦しんだ。海外のファンも英語で悪口を送ってきた。良い声はひとつもなかった。主な内容は“訂正しろ”、“知らないくせに喋るな”というものだった」

「思ったよりも国内外でイ・ジェヨン、イ・ダヨンのファンが多かった」というキム・ヨハンは、「引退してから悪質なメッセージを受けたことがなかったが、久しぶりにホットな経験をした」と伝えた。

また、「“記事を訂正しなければ法的措置をとる”という連絡を受けたが、連絡してきた人は皆サブアカウントだった」とし、「引き続き悪質なDMを送る人は通報して罰金を払わせる考えだ」と警告した。

(写真提供=KOVO)キム・ヨハン

キム・ヨハンは最後に、「ファンだから守ってあげたいという気持ちはわかるが、私が話した内容は記事にすでに出ている内容だ。私が社会的に物議を醸したのであれば謙虚に受け入れられるが、私が大きな過ちを犯したかはよくわからない」と、残念さを明らかにしていた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集