イ・ガンインのユニホームに快くサイン!久保建英と韓国人ファンの交流に韓国メディアも注目

このエントリーをはてなブックマークに追加

マジョルカに所属する日本代表MF久保建英(20)が、チームメイトの韓国代表MFイ・ガンイン(20)のユニホームにサインする映像が公開され、注目を集めている。

【写真】久保建英にそっくり?の韓国人選手

マジョルカは10月21日、クラブの公式YouTubeチャンネルを更新。リハビリに励む久保の様子を動画で公開した。

久保は去る9月23日に行われたラ・リーガ第6節のレアル・マドリード戦で膝を負傷。マジョルカによると、久保は手術をせずにリハビリを選択し、少なくとも1カ月以上の欠場が予想されるという。

今回公開された動画では、久保がジムでリハビリに励む様子や、チーム練習を終えて歩いてクラブハウスに向かう姿が映し出された。

その途中で、久保は練習場に訪れた韓国人男性ファンと交流。男性が「久保のファンです」と声をかけると、久保は「ありがとうございます」と返し、写真撮影に応じた。

その後、男性は手に持っていたユニホームへのサインを求めたが、ユニホームには背番号19とイ・ガンインのネームが記されていた。「ごめん」と申し訳なさそうな男性に対し、久保は「大丈夫、大丈夫」と伝え、親切にサインを書いていた。

(写真提供=なかしまだいすけ/アフロ)イ・ガンイン(左)と久保建英

この動画は日本国内でも話題を集め、複数のメディアが「久保が韓国人ファンに“神対応”した」と絶賛。動画のコメント欄でも日本のユーザーによる書き込みが多く見られ、「こういうときでもファンに対応してくれるんだ」「いい光景だ」「タケ優しいね」など称賛の声が寄せられた。

また、日本語と英語を織り交ぜて久保とコミュニケーションを取ろうと努力していた男性に対しても、「熱烈なファンだ」「一生懸命日本語喋っているのが可愛い」といったコメントが寄せられていた。

なお、マジョルカは本日(23日)行われるラ・リーガ第10節でバレンシアとアウェーのメスタージャで対戦。イ・ガンインは10年間過ごした古巣と初の対決となる。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集