羽生結弦に約4点差まで迫る。韓国フィギュアの看板チャ・ジュンファンが2大会連続銀メダル

このエントリーをはてなブックマークに追加
韓国のフィギュアスケート男子シングルの看板選手チャ・ジュンファンが、国際スケート連盟(ISU)チャレンジャーシリーズで2大会連続銀メダルを獲得した。

チャ・ジュンファンは10月7日にフィンランド・エスポーで行われた「フィンランディア杯」の男子シングルフリー(FS)で、技術点(TES)74.88、演技構成点(PCS)81.64、総合得点154.52点を獲得した。

前日のショートプログラム(SP)84.67点を加え、合計239.19を記録。ミハイル・コリヤダ(ロシア/250.58点)に次ぐ2位に入った。

チャレンジャーシリーズは最高峰であるグランプリシリーズの次のレベルの大会で、10月中旬から行われるグランプリシリーズに備えるためにトップ選手たちが出場することが多い。
チャ・ジュンファン
チャ・ジュンファンは9月23日にカナダ・オークビルで開催されたチャレンジャーシリーズ「オータム・クラシック」で総合得点259.78を記録し、2位に入った。

ソチ五輪と平昌五輪で2大会連続金メダルを獲得した羽生結弦(263.65点)が優勝したが、その差はわずか3.87点だった。

今回の「フィンランディア杯」ではミスが重なり、「オータム・クラシック」よりも得点が20点ほど下がった。

チャ・ジュンファンは10月27~29日にカナダ・ラバルで行われるグランプリシリーズ第2戦に出場した後、11月2~4日に再びフィンランドを訪れ、グランプリシリーズ第3戦に出場する。

(構成=李 仁守)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事