世界ランキング1位陥落のコ・ジンヨンが米国女子ツアー通算8勝目!東京五輪前に好調の兆し

2021年07月05日 ゴルフ #米国女子ツアー
このエントリーをはてなブックマークに追加

女子ゴルフ世界ランキングで1位陥落のコ・ジンヨン(25)が、今シーズンの米国女子ツアーでついに1勝目を挙げた。

【関連】東京五輪出場の韓国男女ゴルフ、金メダル獲得で報奨金3000万円

7月2日から5日(日本時間)まで米テキサス州ザ・コロニーのオールドアメリカンGCで行われた「ボランティア・オブ・アメリカクラシック」(賞金総額150万ドル=約1億6700万円)で、通算16アンダーの「268」を記録したコ・ジンヨンが今季初勝利を収めた。

コ・ジンヨンは2位のマチルダ・カストレン(26、フィンランド)を1打差で離し、米国女子ツアー通算8勝目を挙げた。

(写真提供=AP/アフロ)コ・ジンヨン

昨年12月の「CMEグループ・ツアー選手権」以来、約7カ月ぶりの優勝だ。コ・ジンヨンは来る7月7日に26歳の誕生日を迎えるだけに、自分自身に最高のプレゼントをもたらした。

今シーズンは米国女子ツアーで10大会に出場しながら一度も優勝できず、2019年8月から守ってきた世界ランキング1位の座も今季3勝のネリー・コルダ(22、アメリカ)に明け渡したコ・ジンヨン。ただ、今回の優勝で王座奪還の土台を築き、優勝賞金22万5000ドル(約2億5000万円)を獲得して賞金ランキングを7位(79万1336ドル=約8800万円)とし、3年連続賞金女王の望みもつないだ。

何より、今月末に迫った東京五輪を前に勢いに乗っていることが喜ばしい。コ・ジンヨンはパク・インビ(32)、キム・セヨン(28)、キム・ヒョージュ(25)とともに東京五輪に出場する。今回のコ・ジンヨンの優勝により、今季米国女子ツアーにおける韓国勢の優勝回数は3勝となり、韓国勢の連続未勝利も7大会でストップした。

コ・ジンヨンは大会後、「ドライバーショット、アイアンショット、アプローチ、パッティングなどを満遍なく決めていたのに、これまで優勝できず悔しかった。今日はショット感覚が良くなかったにもかかわらず、久しぶりに優勝できて幸せだ」と喜びをあらわにした。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集