金メダルで3000万円!東京五輪に出場する韓国男女ゴルフ、メダル獲得時の報奨金が発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国ゴルフ協会は6月30日、来る東京五輪で金メダルを獲得した選手に報奨金3億ウォン(日本円=約3000万円)を支給することを発表した。

【関連】“女王”コ・ジンヨンが世界ランキングで2年ぶり首位陥落

これは前回の2016年リオ五輪での報奨金と同額だ。

協会は金メダルで3億ウォン、銀メダルで1億5000万ウォン(約1500万円)、銅メダルで1億ウォン(約1000万円)を選手にそれぞれ支給する。

また、監督には金メダルで5000万ウォン(約500万円)、銀メダルで3000万ウォン(約300万円)、銅メダルで2000万ウォン(約200万円)を支給する計画だ。

リオ五輪当時、女子ゴルフ競技で金メダルを獲得したパク・インビ(32)は報奨金3億ウォン、女子ゴルフ韓国代表を率いた朴セリ監督は5000万ウォンを受け取っていた。

(写真提供=AP/アフロ)2016年リオ五輪当時のパク・インビ

今回の東京五輪もリオ五輪同様、男子ゴルフ韓国代表はチェ・ギョンジュ監督、女子ゴルフ韓国代表は朴セリ監督が指揮を執る。

選手は男子ゴルフ競技で世界ランキング26位イム・ソンジェ(23)とキム・シウ(25)、女子ゴルフ競技で世界ランキング2位コ・ジンヨン(25)、同3位パク・インビ、同4位キム・セヨン(28)、同6位キム・ヒョージュ(25)が出場する。

Copyright @ Pitch Communications Ltd. All rights reserved.

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集