大谷翔平の本塁打量産&週間MVP受賞に韓国メディア脱帽「その活躍に終わりはあるのか?」

このエントリーをはてなブックマークに追加

大谷翔平(26、ロサンゼルス・エンゼルス)の活躍に終わりはあるのだろうか。

【関連】大谷翔平が韓国で「マンチンナム」と呼ばれるワケ

まるで漫画のキャラクターのような役割をエンゼルスで務め、米メジャーリーグ(MLB)の舞台を揺るがしている大谷。彼は6月22日(日本時間)、MLBの選ぶアメリカン・リーグの週間MVPに輝いた。大谷の週間MVP受賞は3年ぶり3度目だ。

大谷は直近7試合、打者として27打数8安打(打率0.296)、8本塁打、9打点を記録。投手では18日のデトロイト・タイガース戦で6イニングを投げ、5安打1失点で勝利投手となった。7試合における大谷のOPS(出塁率+長打率)1.350だ。

(写真提供=AP/アフロ)大谷翔平

そんな大谷は19日、来る7月12日にコロラド州デンバーのクアーズ・フィールドで行われる「ホームランダービー」への出場を明かした。大谷はこの1週間で6本塁打を放ち、トロント・ブルージェイズのウラジミール・ゲレーロ・ジュニア(22)とともに本塁打数でMLB全体トップに立っている。

アジア人選手のホームランダービー出場は、2005年に当時ロサンゼルス・ドジャース所属のチェ・ヒソプが果たして以来約16年ぶりだ。

今年のホームランダービーは“投手の墓場”の異名を持つクアーズ・フィールドで行われるだけに、本塁打の飛距離も大きな関心事だ。大谷は現在まで、長距離の本塁打を全体2番目に多く放っている。MLBは長距離本塁打の基準を450フィート(137.16メートル)とみているが、ここまでゲレーロ・ジュニアが11本、大谷が9本の長距離砲を記録している。

MLBではアジア人選手が本塁打王に輝いたことがない。2004年、当時ニューヨーク・ヤンキース所属の松井秀喜が記録した31本が1シーズン最多本塁打数だ。現状を見るに、大谷が先輩の記録を上回る日は近いものとみられる。

今シーズンの大谷の活躍は、まさに漫画の主人公級といっても過言ではない。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集