“元同僚”ダルビッシュ有と対戦したレンジャーズのチュ・シンス、対戦結果は?

2019年03月15日 スポーツ一般 #MLB
このエントリーをはてなブックマークに追加

メジャーリーグ、テキサス・レンジャーズのチュ・シンスが、元同僚であるダルビッシュ有と対戦し、2打数無安打1四球を記録した。

チュ・シンスは3月15日(日本時間)、米アリゾナ州で行われたシカゴ・カブスとのオープン戦に1番・レフトで先発出場した。カブスの先発投手はダルビッシュ有で、初打席から2人の対決が繰り広げられた。

チュ・シンスは1回表、ダルビッシュを相手にライトフライに終わった。2回表1死1、2塁のチャンスでも、ショートゴロに倒れた。

その日3度目の対決となる5回表の第3打席では、四球を選んで出塁した。

その後チュ・シンスは代走エリック・ジェンキンスと交代となり、ダルビッシュもブライアン・ダンシングにマウンドを譲って試合を終えた。

チュ・シンスのオープン戦の打率は0.211となった。

チュ・シンス

チュ・シンスは2014年のテキサス・レンジャーズ入団後、ダルビッシュと2017シーズン中盤までチームメイトとしてプレーした。

【独占取材】チュ・シンス、プレミア12出場と韓国代表への意欲を語る!!

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事