韓国女子ツアー第4戦、プロ11年目のクァク・ボミが悲願の初優勝!「夢かと思った」

2021年05月10日 ゴルフ #韓国女子ツアー
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国女子ツアーの2021シーズン第4戦「第7回キョチョンハニー・レディースオープン」が、5月7日から9日まで京畿道(キョンギド)安山(アンサン)市のアイルランドCC(パー72、6650ヤード)で行われた。

今大会を制したのは1992年生まれのクァク・ボミ(28)。彼女は2010年8月のプロ転向以降、実にデビュー11年目にして生涯初優勝に成功した。

第1ラウンドを4アンダーの2位タイでスタートしたクァク・ボミは、第2ラウンドでさらに2打を減らし首位浮上。最終ラウンドでも3バーディ・0ボギーと安定したショットを披露し、通算9アンダーの「207」で見事トロフィーを掲げて見せた。

クァク・ボミは大会後、インタビューで「思いがけず優勝できて本当に嬉しい」と喜びを示すと、「今日の優勝で数年(2シーズン)はシード権の心配をしなくて良くなったことも嬉しい」と、安堵の表情を見せた。

今シーズンは開幕から3大会連続で予選脱落と、優勝争いどころか賞金すらも獲得できずにいたクァク・ボミ。

それだけに、今回の優勝には「夢のようだった。(優勝が決まった瞬間は)何も考えられなかった。本当に優勝なのか?夢じゃないか?とも考えた」と驚きを隠せない様子だった。また、今後の目標については「自分はスコアの起伏が激しい。常に予選通過を目標に参加したい」と謙虚に語った。

(写真提供=KLPGA)ほかの選手から祝福を受けるクァク・ボミ(中央)

なお、2位にはクァク・ボミとわずか1打差の通算8アンダーでチ・ハンソル(24)、通算6アンダーの3位タイにはイム・ヒジョン(20)とチョン・ウリ(24)の2人が入った。第3戦の今シーズン初メジャーで優勝したパク・ヒョンギョン(21)は最終ラウンドで順位を4つ上げ、通算3アンダーの10位タイで大会を終えた。

【写真】韓国女子ゴルフの“次世代美女”集結

(写真提供=KLPGA)チ・ハンソル
(写真提供=KLPGA)イム・ヒジョン
(写真提供=KLPGA)チョン・ウリ
(写真提供=KLPGA)パク・ヒョンギョン

Copyright @ Pitch Communications Ltd. All rights reserved.

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集