「途中出場から21分プレー」“韓国のメッシ”イ・スンウ、ポルトガル移籍後最長の出場時間を記録

このエントリーをはてなブックマークに追加

“韓国のメッシ”とされたバルセロナ下部組織出身のFWイ・スンウ(23、ポルティモネンセ)が、ポルトガル移籍後最も長い時間を消化した。しかし、チームは大敗を喫した。

【関連】イ・スンウ、相手に頭突きで衝突騒ぎ

ポルティモネンセは4月23日(日本時間)、ホームで行われたプリメイラ・リーガ第28節のベンフィカ戦で1-5と敗れた。

直近3連勝の上昇ムードにブレーキがかかったポルティモネンセは勝ち点32にとどまり、順位も1つ下げて10位となった。

前節のファマリカン戦で招集メンバーを外れていたイ・スンウはこの日、前々節のヴィトーリア・ギマランイス戦以来にベンチ入りすると、1-3と2点ビハインドで迎えた後半24分にピッチに投入された。

(写真提供=韓国サッカー協会)イ・スンウ

イ・スンウとしては、去る2月にレンタル移籍でのポルティモネンセ加入が発表されて以降、今回が3度目の出場だった。

いずれもベンチスタートからの途中出場だったが、この日は約21分間の出場と、移籍後最も多いプレータイムを与えられた。過去2試合はどちらも後半42分と終了間際に投入され、10分もプレーできなかった。

ただ、イ・スンウの起用もむなしくポルティモネンセはホームで完敗した。前半43分に先制点こそ挙げたものの、同ロスタイムのうちに同点に追いつかれ、後半の4失点であっけなく逆転を許してしまった。

ポルティモネンセは次節、来る28日にアウェーでファレンセと対戦する。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集