まさに「コートの女神」だ!! 韓国Vリーグ女子の歴代“美しすぎる外国人選手”たち【PHOTO】

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国Vリーグ女子では、外国人選手が担う役割が大きい。

例えば、2016-2017シーズンに最下位に終わった韓国道路公社ハイパスは、翌2017-2018シーズンにリーグ優勝を果たしたが、それも元セルビア代表のイヴァナ・ネーショヴィッチが加入したことが要因といわれている。

「(韓国Vリーグ女子で)外国人選手が果たす役割は絶対的だ」とされることもあるほどだ。

【画像】世界で最もセクシーな女子ゴルファー、ペイジ・スピラナックの「神が宿った肉体」

それだけに外国人選手に対する関心も高いが、彼女たちはその美しいルックスが話題になることも少なくない。

韓国Vリーグ女子の“美しすぎる外国人選手ベスト6”を以下に紹介しよう。

(写真提供=韓国バレーボール連盟)アレイナ・バーグスマ

アレイナ・バーグスマ(米国)

1990年3月30日生まれ。

2016年から現在までKGC人参公社でプレー。

2012年にミス・オレゴンに選出。ファッションモデルとして活動していたこともある。

(写真提供=韓国バレーボール連盟)イヴァナ・ネーショヴィッチ

イヴァナ・ネーショヴィッチ(セルビア)

1988年7月23日生まれ。

2011-2012シーズンに韓国道路公社ハイパスでプレー。その後、日本、トルコ、中国、ギリシャなどを経て、2017-2018シーズンに韓国Vリーグに復帰し、韓国道路公社ハイパスでプレーする。

2017-2018シーズンにはリーグMVPに輝いた。

(写真提供=韓国バレーボール連盟)クリスティーナ・キッカ

クリスティーナ・キッカ(ベラルーシ)

1992年3月26日生まれ。

ドイツ、ポーランド、トルコ、欧州リーグを経て、2017年末から興国生命ピンクスパイダーズでプレー。

ベラルーシ代表にも選出されている。

(写真提供=韓国バレーボール連盟)エリザベス・キャンベル

エリザベス・キャンベル(米国)

1994年4月26日生まれ。

2017年から現代建設ヒルステートでプレー。

2018年1月に左足首のじん帯を断裂を大怪我を負い、現在はチームを離れている。

(写真提供=韓国バレーボール連盟)ニコル・フォーセット

ニコル・フォーセット(米国)

1986年12月16日生まれ。

2012年から2015年まで韓国道路公社ハイパスでプレー。

その後、トルコを経てイタリア・セリエAへ渡ったが、今なお韓国では人気が高い。韓国時代には“コートの女神”と呼ばれた。

(写真提供=韓国バレーボール連盟)タビサ・ラブ

タビサ・ラブ(カナダ)

1991年9月11日生まれの26歳。

プエルトリコ、ポーランド、アゼルバイジャン、ドイツを経て2016年から興国生命ピンクスパイダーズでプレー。

2016-2017シーズンには得点ランキング3位に入る活躍を見せた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集