元サガン鳥栖キム・ミヌが水原三星の新キャプテンに就任「チームを高みに上げられるよう…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国Kリーグ1(1部)の水原三星(スウォン・サムスン)ブルーウィングスが、2021シーズンのリーダー陣にMFキム・ミヌ(30)とDFミン・サンギ(29)を指名した。

【写真】韓国代表の“美女パートナー”を一挙紹介

水原三星は去る1月13日から済州(チェジュ)島で冬季キャンプを実施している。パク・ゴナ監督は選手団ミーティングを通じ、キャプテンにキム・ミヌ、副キャプテンにミン・サンギを任命。コーチングスタッフと選手との架け橋の役割を一任した。

(写真提供=水原三星)ミン・サンギ(左)とキム・ミヌ

キム・ミヌは過去に所属したサガン鳥栖と尚州尚武(現・金泉尚武)でキャプテンを務めた経験はあるが、水原三星のキャプテンに選任されたのは今回が初めて。2020シーズンは公式戦35試合に出場して5ゴール4アシストを記録し、ファンの選ぶ“ドイツ・モータース月間MVP”にも1度選ばれた。

また、カタールで集中開催された昨シーズンのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)では、A級指導者ライセンス研修参加のため不在だったMFヨム・ギフン(37)の代わりに臨時キャプテンを務め、水原三星のベスト8進出に貢献した。

キム・ミヌは「チームがより良い位置に上がれるよう準備に最善を尽くす。コロナ禍で皆が大変だが、スタジアムで会える日を期待して頑張る」と覚悟を述べた。

水原三星ユースの梅灘(メタン)高校1期生のミン・サンギは、2010年のプロデビュー後から初めてリーダー陣に任命された。ミン・サンギは「キャプテンをサポートし、チームを優先して自分を犠牲にしたい」と語った。

水原三星は来る1月29日まで1次冬季キャンプを行い、2月1日から19日までは巨済(コジェ)島で2次冬季キャンプを行う予定だ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集