香川、岡崎、サラーとの逸話も暴露。パク・チュホが選んだ“ベストイレブン”とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本、スイス、ドイツでプレーし現在は韓国Kリーグの蔚山現代に所属するパク・チュホは、全世界に友人がいるサッカー選手だ。

パク・チュホは1月21日、蔚山現代が制作した動画コンテンツに登場し、自身が考えるベスト・イレブンを紹介した。パク・チュホが監督という設定で、彼が一緒にプレーした選手の中から最高の11人を選ぶというものだ。

その中でパク・チュホは、世界的な選手たちの名前を挙げながら、個人的なエピソードなども紹介している。

パク・チュホは、今や世界的な選手に成長したモハメド・サラー(リバプール)との逸話も紹介した。

(参考記事:韓国代表の“美女パートナー”を一挙紹介。ソン・フンミンの恋人は人気アイドル!? 【PHOTO】

パク・チュホはサラーとスイスのバーゼルで一緒にプレーしており、そのときのエピソードを明かした。

「サラーは僕のルームメイトだった。あのときは20代前半だったが、若かったせいか整理整頓に対する概念がなかったようだ(笑)。彼がシャワーを浴びると床に水が落ちていた。そんな中で寝起きをともにした」と明かし、「今でもときどき連絡を取り合う。依然として人柄も良い。たくさん成長して世界的な選手になった」と絶賛した。

岡崎慎司との逸話も紹介。鹿島のあの選手も…

パク・チュホはドイツのボルシア・ドルトムント時代の同僚だったマルコ・ロイスとの逸話も明かした。

「香川真司とロイス、ゴンサロ・カストロと練習でボールの取り合いをよくした。負けたら、デコピンを食らうのだけど、僕と香川のデコピンが強すぎて、後になってほかの選手たちがやりたがらなかった」と笑った。

パク・チュホはマインツ時代、日本の岡崎慎司(レスターシティ)と親しかったという。


 

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事