韓国欧州組が結果残せず…元G大阪のファン・ウィジョは不発、イ・スンウは試合終盤に途中出場

このエントリーをはてなブックマークに追加

かつてガンバ大阪にも所属していたファン・ウィジョ(28、ボルドー)が4試合ぶりに先発出場を果たしたが、またしてもノーゴールに終わり、今シーズン初ゴールとはならなかった。

【注目】名門の凋落とともに泥沼にハマる“韓国の至宝”

ファン・ウィジョは10月26日(日本時間)、フランス・リーグアン第8節、ニーム・オリンピックとのホームゲームにウイングとして先発出場し、後半20分に交代でピッチを後にした。

ファン・ウィジョ

ファン・ウィジョは4試合ぶりの先発出場を果たしたものの、期待された今シーズン初ゴールを決めることはできなかった。今シーズンのファン・ウィジョは開幕から未だノーゴールとなっており、未だ1アシストにとどまっている。ボルドーはこの試合、ファン・ウィジョとの交代で入ったジミー・ブリアンが1ゴール1アシストの活躍を見せ、チームを2-0の勝利に導いた。

ブリアンは後半35分にPKでの先制ゴールを決め、2分後にレミ・ウダンの決勝ゴールをアシストした。この勝利でボルドーは、3勝2敗3分(勝点12)となり、現在リーグ9位だ。

ベルギーのイ・スンウ

イ・スンウが所属するベルギー・ジュピラーリーグのシント=トロイデンは同日、スタンダール・リエージュをホームに迎えた。

第3節から7試合連続で先発出場していたイ・スンウだったが、この試合では先発から外れ、後半40分にオレクサンドル・フィリポフとの交代で途中出場した。

イ・スンウ(写真左)

また、シント=トロイデンには日本人選手も複数在籍しており、この試合ではシュミット・ダニエルと鈴木優磨が先発出場、伊藤達哉が途中出場している。

シント=トロイデンはこの試合で9試合ぶりに勝利を挙げ、勝点3を手にした。前半37分にダッケンス・ナゾンが先制ゴールを決め、後半28分にはスティーヴ・デ・リデルが追加点を決め、2-0で勝利した。

開幕戦での勝利以降、8試合未勝利(3分5敗)と不振にあえいでいたシント=トロイデンだったが、ようやく今季2勝目を挙げることができた。この試合で勝点を9に伸ばし、暫定14位となっている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集