日本、武藤と塩谷のゴールでF組1位確定…イランが待つヤマのほうを選んだ!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表がF組1位で2019年アジアカップのグループリーグを突破した。

日本代表は1月18日、ウズベキスタン代表とグループF第三戦で、イングランド・プレミアリーグのニューカッスルに所属する武藤嘉紀の同点ゴールと、アル・アインFCでプレーする塩谷司の逆転決勝ゴールに支えられ、2-1の勝利を飾った。

(関連記事:武藤嘉紀とキ・ソンヨン、ニューカッスルで明暗が分かれた“日韓スター選手”の現実

日本代表は3戦全勝でグループリーグを終えてF組1位に。試合前までF組首位を守っていたウズベキスタン代表は2勝1敗となり、グループ2位でフィニッシュした。

この日、日本代表は主力を温存した。森保監督は前回のオマーン戦から先発ラインナップを10人入れ替える、全面的なローテーションを実施。GKのシュミッ・ダニエルをはじめ、今大会初出場者が7人もいた。負傷や警告を最大限減らすことはもちろん、過度に勝利に執着しないというスタンスだった。

(写真=アジアカップ公式Twiter)

実際、日本代表はウズベキスタン代表に先にゴールを奪われた。

前半40分、ウズベキスタン代表のエルドル・ショムロドフが右サイドから30mほどドリブル突破したあと、最後はGKシュミットまで交わして右足でゴールを入れた。グループ2位でオーストラリア代表との決勝トーナメント1回戦を選べる可能性もあった。

日本のF組1位は韓国にとってどんな意味があるか

しかし、日本代表は順位を選ばなかった。反撃に出て同点に成功した。

前半43分、室屋成の右サイドクロスを武藤がヘディングで合わせてゴールした。 後半13分には塩谷が鮮やかな右足ミドルを放ち、勝負を覆した。

日本代表の勝利は、韓国にとっては肯定的に受け止めることができる。なぜか。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集