美女ゴルファーのユ・ヒョンジュ、ツアー首位タイ発進も謙虚に意気込み「順位は気にせず…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

美女ゴルファー、ユ・ヒョンジュの好調ぶりに注目が集まっている。

【写真】ユ・ヒョンジュの“完璧スタイル”にファン熱狂

サウスリンクスカントリークラブ霊岩(ヨンアム)で行われている韓国女子ツアー「2020ファントムクラシック」(9月25~27日、賞金総額6億ウォン=約6000万円)が、9月25日に第1ラウンドを終了した。

イ・ボミやキム・ヒョージュ、イ・ジョンウン6ら海外勢も出場しているなか、第1ラウンドを終えて首位タイに躍り出たのは、“次世代セクシークイーン”ことユ・ヒョンジュだった。

(写真提供=KLPGA)バンカーショットを試みるユ・ヒョンジュ

ユ・ヒョンジュは8バーディ・2ボギーの「66」をマーク。イ・ヒョリンやイ・ソミと並び、6アンダーの首位タイでホールアウトした。

ユ・ヒョンジュはホールアウト後のインタビューで、「最初のホールからバーディでスタートできて気持ちよかった」とし、「その流れに乗って良い成績でフィニッシュできた」と満足感を語った。

また、自身を後援する『CreaS F&C』がスポンサーを務める今大会で好調なスタートを切れたことについては、「良い姿を見せることができて嬉しい。新たな楽しみを見つけたような感じもする」とコメント。

続けて「順位は気にせず、努力してきたことを信じて、残りのラウンドではミスを減らすプレーをしたい」と謙虚に語り、以降のラウンドでの奮闘を誓った。

(写真提供=KLPGA)インタビューに応じるユ・ヒョンジュ

「自分のプレーだけに集中したい」

以下、ユ・ヒョンジュとの一問一答。

―第1ラウンドを終えた所感は。

最初のホールからバーディでスタートできて気持ちよかった。その流れに乗り、良い成績でフィニッシュできた。満足している。

―今日のパフォーマンスの原動力を挙げるとすれば。

グリーン的中率が高く、それに合わせてパットもしっかり落ちたことが原動力だと思う。

―中断期間にどのような準備をしてきたのか。

中断前に出場した済州三多水マスターズからパット感が良く、その感覚を維持しようと努力し、ショートゲーム中心に準備に励んだ。

―ボギー以降、スコアを再び回復させた。ピンチを克服した方法は。

最初のボギーも2回目のボギーも、いずれもスリーパットによって生まれたボギーだった。普段からよくみられるパターンだったので、慌てずに打てたからこそ、バウンスバックできたのだと思う。

―サウスリンクスカントリーゴルフクラブのコースが自身に合っているのか。

今大会のコースの特徴は、グリーンが固くて速い。風も多く、天気の影響を受けるが、私は山岳地系のコースよりもリンクスコースの方が好きなので、合っていると思う。リンクスコースのように、視野が開けたコースが好きだ。

―(ツアー中断中の)5週間で一番変わったことは。

上半期はショット感こそ良かったが、パットが追い付いていなかったと思う。途中で休んだり、イベント大会に出場したりする中で、雰囲気が一度変わったような気がした。自信が生まれたようだ。特に、パットに対する自信がついた。イベント大会で(キム・)ヒョージュが助言してくれたことも助けになった。

―『CreaS F&C』がスポンサーを務める大会で良いプレーを披露できたが、プレッシャーは感じているか。

良い姿を見せることができて嬉しい。新たな楽しみを見つけたような感じもする。順位は気にせず、努力してきたことを信じて、残りのラウンドではミスを減らすプレーをしたい。

―残りのラウンドへの意気込みは。

欲張るのは私に合わないようだ。今日のように、自分のプレーにだけ集中したい。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集