韓国最大級ポータルサイト「NAVER」、スポーツ記事のコメント機能を一時廃止へ「看過できない」

2020年08月07日 スポーツ一般
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国最大級のポータルサイト『NAVER(ネイバー)』が、スポーツ記事のコメント機能を暫定的に廃止する。

【関連】指導者も悪質コメント被害受ける韓国スポーツ界、求められる“変化”

NAVERは8月7日、公式ブログを通じてスポーツ記事のコメント機能を暫定的に廃止することを発表した。

発表では、「一部の選手を標的に、名誉を傷つけ卑下するコメントは絶えず生成された。我々もモニタリングを強化し技術水準を高め、事前/事後で悪質コメントを最小化する努力をした。しかし、最近の悪質コメントの程度や選手の苦痛が、看過できる水準を超えると判断されたため、“NAVER SPORTS”においてコメント機能を暫定的に廃止することを決めた」と説明された。

(写真=『NAVER SPORTS』キャプチャ)

スポーツ記事のコメント機能は今月中にも中断されるが、応援するチームや選手にリアルタイムでメッセージを送ることができる「ライブトーク」は、これまで通り維持する予定だという。

NAVER側は「悪口など悪意のある内容を選び出せるよう、AIクリーンポット2.0が適用される予定」と明らかにしている。

コメント機能再開の可能性も

ただ、今後コメント機能が再開する可能性もあるようだ。

NAVER側は「現在、スポーツサービスでよく発見されるコメントの形式を綿密に分析し、悪質コメントの露出を自動制御する技術を追加開発中だ」とし、「コメント機能が中断される間に(自動制御技術)を高度化し、実効性が担保された際に、コメント機能中断の解除に関する議論を再開する」と伝えた。

今回のコメント機能廃止の決定は、元女子プロバレーボール選手の故コ・ユミンが極端な選択を取ったことから提起された。

故人は生前、悪質コメントなどによって極度のストレスを抱えていた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集