韓国人マイナーリーガーに視線冷ややか…非難殺到のカン・ジョンホに“感謝のメッセージ”伝え

2020年06月30日 スポーツ一般 #MLB #野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピッツバーグ・パイレーツの傘下マイナーリーグでプレーしている内野手ペ・ジファン(20)が、カン・ジョンホ(33)がSNSに載せた韓国プロ野球復帰申請撤回を伝える投稿にメッセージを残し、話題を呼んでいる。

【関連】“3度の飲酒運転”カン・ジョンホの韓国プロ野球復帰意志撤回の投稿全文

6月29日、カン・ジョンホは自身の復帰に対する非難の世論が収まらないのを受け、保留権を持つ古巣のキウム・ヒーローズに韓国プロ野球復帰を放棄する意思を明かし、SNSにこれと関連した投稿を掲載した。

この投稿に、ペ・ジファンが次のようなコメントを残した。

ペ・ジファン

「幼いころから憧れのようなチームで一緒にできて夢のようでした。他での生活が苦しくなったときも、ヒョン(“兄さん”を意味する韓国語)の助けが大きな動機付けにもなりました。僕にとっては永遠に記憶に残る思い出でもありました。あまりに感謝しています。これからも応援しています」

パイレーツでカン・ジョンホとともにプレーした経験のあるペ・ジファンとしては、ただ感謝のメッセージを伝えただけだろう。

だが、これを見たネットユーザーは「時期が惜しい」「飲酒運転を擁護するな」とペ・ジファンに非難を浴びせた。ここに、カン・ジョンホに対する大衆の冷ややかな視線が感じられる。

去る2018年3月にピッツバーグ・パイレーツと契約したペ・ジファンは現在、傘下シングルAのグリーンズボロ・グラスホッパーズに所属している。

また、ペ・ジファンは2017年12月、恋人関係にあった女性を暴行したとして、2018年4月に罰金200万ウォン(日本円=約20万円)で略式起訴され、物議をかもしたことがある。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集