元柏レイソルで昨季KリーグMVPキム・ボギョンが負傷離脱…復帰まで4週間以上

2020年06月30日 サッカー #Kリーグ
このエントリーをはてなブックマークに追加

元柏レイソルの全北現代MFキム・ボギョンが負傷した。4週間以上の離脱となる見通しだ。

【写真】Kリーグの美女チアリーダーがユニホーム姿で悩殺!

全北現代によると、キム・ボギョンは6月29日の精密検査の結果、左足首の靭帯を負傷した。負傷部位が完治するまで4週間かかると予想され、試合に出場するには追加で1~2週間ほどかかると見られている。

早くても7月末の出場となり、遅ければ8月中旬にならなければ試合に出ることができない。

キム・ボギョンは6月28日に行われたKリーグ第9節、蔚山現代との試合に先発出場したが、前半24分、蔚山現代DFキム・ギヒのタックルを受けて左足首を踏まれた。試合を続行することができず、前半29分に交代となってベンチに戻った。

(写真提供=韓国プロサッカー協会)負傷したキム・ボギョン

全北現代はキム・ギヒが退場となった数的優勢を生かし、2-0で勝利した。勝ち点を24とし、2位の蔚山現代(勝ち点20)とのリードを守り、リーグ優勝に向けて有利な立場を獲得した。

しかし重要なMFであるキム・ボギョンの離脱によって、今後のメンバー構成に困難を迎えた。邦本宣裕をはじめ、イ・スンギ、イ・スビンなど他の選手たちがいるが、2019年Kリーグ MVPを獲得したキム・ボギョンの空白は無視できない。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集