韓国女子ゴルフツアーに18歳の大物ルーキー登場!? “2000年生まれ”三銃士とは

2018年12月13日 ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

今シーズン賞金ランキング1、2位のイ・ジョンウンとペ・ソンウを海外へ送り出さなければならない韓国女子プロゴルフ(KLPGA)ツアー。

しかし、心配はない。新たなスターの登場が予告されたからだ。

チェ・ヘジンとオ・ジヒョンの2強が健在ななか、大物ルーキーたちが登場して話題になっている。

シード戦を1位通過したチョ・アヨン(18)、韓国国内72ホールでの最少ストローク記録(29アンダー、259)を保有するパク・ヒョンギョン(18)、ジャカルタ・アジア大会で銀メダルを獲得したイム・ヒジョン(18)ら2000年生まれのルーキー三銃士だ。

3人は先週、ベトナム・ホーチミン近郊のツインダボスゴルフクラブで開催されたKLPGAツアー開幕戦の「ヒョソンチャンピオンシップ」で堂々たるプレーを見せ、先輩たちを驚かせた。

身震いするようなプレーを見せて3人とも上位に入り、気持ち良くデビュー戦を終えた。

チョ・アヨンとパク・ヒョンギョンは並んで5アンダーの211で6位タイ、イム・ヒジョンは3アンダーの213で10位タイに入った。

【人気記事】イ・ボミ、アン・シネ、そして…韓国女子ゴルファー“神セブン”を一挙紹介!!【PHOTO】

“2000年生まれ”ルーキー三銃士とは

チョ・アヨン

今シーズン、KLPGA大賞と新人賞を受賞したチェ・ヘジンの座を狙う3人のなかで最も注目されるのは、チョ・アヨンだ。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事