韓国の“新人メジャーリーガー”に朗報!カージナルスのホーム球場が選手に一部施設開放へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

念願のメジャーリーグデビューへ向けて練習を続けているセントルイス・カージナルスのキム・グァンヒョン(31)に朗報だ。

カージナルスがホーム球場を開場するという。

【写真】世界の野球ファンが熱狂した韓国美女チアリーダーの“大胆”ウェア姿

5月22日(日本時間)、地元メディア『セントルイス・ポスト・ディスパッチ』は次のように報じた。

「球団は1週間以内にブッシュ・スタジアムの施設を限定的にオープンし、選手のトレーニングをサポートする予定だ。セントルイスで過ごしているコルテン・ウォン、トミー・エドマン、ポール・デヨングは来週から本拠地で練習できるだろう」

キム・グァンヒョン

キム・グァンヒョンは先月初めにも春季キャンプ地の米フロリダ州ジュピターを離れ、セントルイスへ移動し個人練習をこなしていた。

同僚アダム・ウェインライト(38)とキャッチボールをするなどしてコンディションの維持に努めていたが、肝心の本拠地ブッシュ・スタジアムには足を踏み入れられずにいた。カージナルスが、新型コロナウイルス感染症の拡散を受けてすべての施設を統制していたからだ。

母国の家族と離れ寂しく調整を続けてきたキム・グァンヒョンも、今回のホーム球場開場によってよりよいトレーニングを行えることになるだろう。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事