「ミュラーが“狂ったように走れ”と激励してくれた」欧州CLデビューした19歳チョン・ウヨンに直撃

このエントリーをはてなブックマークに追加

19歳の少年が“夢の舞台”で1軍デビュー戦を行った。チョン・ウヨンの挑戦はこれからが始まりだ。

FCバイエルン・ミュンヘンのチョン・ウヨンは11月28日(日本時間)、ドイツ・ミュンヘンのアリアンツ・アレーナで行われたベンフィカ(ポルトガル)とのUEFAチャンピオンズリーグのグループリーグ第5節で、後半36分にトーマス・ミュラーと交代で出場した。

チョン・ウヨンは待ちに待った1軍デビュー戦をチャンピオンズリーグで行った。チョン・ウヨンはチャンピオンズリーグに出場した9番目の韓国選手となった。ソル・ギヒョンを皮切りに、パク・チソン、イ・ヨンピョ、ソン・ジョングク、イ・チョンス、パク・チュヨン、パク・チュホ、ソン・フンミンなどそうそうたる先輩の後に続いた。

チョン・ウヨンは現在、満19歳。韓国選手の中で最も若くしてチャンピオンズリーグの舞台に立った。

(写真=バイエルン・ミュンヘンTwitter)チョン・ウヨン

試合後、ミックスゾーンに現れたチョン・ウヨンの顔は明るく、興奮しているように見えた。デビュー戦の感激がまだ残っている様子だった。

彼は、「言葉で表現できないほど良い」と感想を述べ、「コーチが僕の名前を呼んだとき、本当かと信じがたかった。“なんてこった”と思いつつも、うれしくて一気に走っていった。うれしかった。早くプレーしたかった。すぐに試合に出たかったが、コーチがしばらく指示をくれた」と交代の場面の状況を説明した。

欧州のトップチームが参加するチャンピオンズリーグでデビュー戦を行う特別な経験をしたチョン・ウヨンは、「チャンピオンズリーグはすべてのサッカー選手が夢見る舞台だ。他の舞台とは違う感じだ。僕には本当に意味深い試合ではなかったかと思う」と付け加えた。

ミックスゾーンで『スポーツソウル』の単独取材に応じたチョン・ウヨン

出場時間は短かったが、チョン・ウヨンは積極的に突破を試みた。サイドから最前線まで駆け上がり、パスを受けようとする動きも見られた。

チョン・ウヨンは、「自分に自信を持ちたかった。ボールをもっとたくさん触ろうと努力した。何かを見せてやるという気持ちだった。ゴールを決めたくて、もっと前線で積極的に動いた」と語った。

また、「一生懸命にプレーしたが、正直、どうプレーしたか覚えていない。2度倒れたことだけ覚えている」と言って、明るい笑顔を見せた。

「ミュラ-が激励してくれた」

チョン・ウヨンは先週末、ブンデスリーガのデュッセルドルフ戦でベンチ入りしていた。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集