横領疑惑のあった人物を事務局長に?韓国映画振興委員会の人事を映画人が批判

2021年03月03日 社会
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国映画振興委員会が横領疑惑のあった人物を事務局長に任命したことをめぐり、不満の声が上がっている。

3月3日、韓国映画制作家協会は「数千万ウォン(約数百万円)の国庫横領の容疑がある人物が年間1000億ウォン(約100億円)を超える映画発展基金を執行する映画振興委員会の事務局長を務めた」と指摘し、「映画振興委員会が問題の本質をまともに把握していたのか、人事検証システムが正常に作動したのか、深く懸念している」と述べた。

韓国映画振興委員会は去る2月、新任の事務局長として韓国映画プロデューサー組合副代表などを務めたキム・ジョンソク氏を任命した。

しかしその後、キム・ジョンソク事務局長が全羅北道独立映画協会の事務局長を務めていた2005年当時、横領容疑を受けたという情報提供があり、映画振興委員会がまともな検証を経ることなく任命を強行したという指摘が提起された。

これに対して映画振興委員会は、「キム・ジョンソク候補は業務を推進する過程で活動費を過剰に支出したことはあるが、誤りを認め、金銭的な責任も果たしたという内容の疏明書も提出した。委員会がそれを検討した後、任命案を議決した」と述べた。

映画制作家協会は「当時、キム事務局長は、国庫予算1億8000万ウォン(約1800万円)のうち3500万ウォン(約350万円)ほどを遊興業者や大型マートなどで使用した事実が明らかとなり、辞任した」とし、「手続きも内容も不十分な今回の事務局長任命議決は、再考されるべきだ」と主張した。

同時に「新事務局長が横領していなかったのか、横領はしたが反省したので問題にならないということなのか、どんな基準でとんでもない道徳的不足ではないというのか、道徳的に指弾されるべきことを犯しても反省すれば問題ないということか」と、映画振興委員会を公開的に批判した。

【注目】映画『ミナリ』が“違法行為”に対して法的措置へ「明らかな著作権侵害」

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集