韓国で元プロ選手も多数参加の『LoL』リーグが開催!先立ってパイロットシーズンが2月22日に開幕

2021年02月22日 社会 #eスポーツ
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国のリーグ・オブ・レジェンド(LoL)元プロ選手や、人気ゲーム実況者などが参加するアフリカTV LoLリーグ『ALL』が本格的に開幕が決定した。そして正式シーズンの発足前にパイロットシーズンとして大会が行われる。

【関連】『LoL』の“オーダーメイド”な練習が可能になるソフトが誕生

韓国のアフリカTV(“韓国版ニコ生”と称される動画配信サイト)は、ライアットゲームズのLoLで行われる『ALL』のパイロットシーズンを、2月22日に開幕すると明らかにした。 

今回発表された『ALL』は、元LoLプロ選手と前シーズンおよび現シーズンで「マスター」ティア以上のプレイヤーが参加するアフリカTV主催のeスポーツ大会だ。

十人十色のチームが参戦

開幕戦は同日18時から行われる。グループA第1試合では「SMEB」ソン・ギョンホ、「KURO」イ・ソヘン、ジュンバット、オキュ、GuGerらが構成する「4P1G」チーム(4人のプロ選手、1人のゲーマー)と、アマチュアチーム「AWESOME」で息を合わせてきた「ニートゲーミング」が対戦する。

これに先立って行われたグループ指名では、「4P1G」チームは、アマチュアで構成された「ニートゲーミング」チームに向け、「元プロ選手の怖さを見せつける」という覚悟を明らかにしている。これに対し、ニートが元プロを相手にどのようなプレイを見せるのかに関心が集まっている。

(写真提供=ライアットゲームズ)

続いて行われるグループAの第2試合目にはHolder、Crush、ブルビ、Veritas、Chanceからなる「優勝チーム」と、“Thal”パク・クォンヒョクをはじめとした、ジェドンパ、Tank、Rain、Kuriからなる「オールスターズ」チームの対戦は、両チームとも元プロ選手が結集しており、結果が予測できない僅差の勝負が予想される。

グループBにはLoL屈指の強豪チームメンバーが登場

2月24日18時に行われるグループB第1試合は、Lindarang、JustLikeThat、Mickey、チェ・ギミョン、Destinyからなる「僕はプロでも本当に通じるよチーム」と、「Untara」パク・ウィジンを筆頭に、ソ・ドイル、Baekk、Piglet、Jellyらで構成された「4人の若者と1人のおっさんチーム」が対戦する。

こちらのカードも両チームともに、元プロ選手とトップレベルアマチュア選手がよく調和したチームであるだけに、熾烈な接戦が予想されている。

グループBの第2試合目には、2015年に「SK telecom T1」をLoLワールドチャンピオンシップ優勝に導いた、“MaRin”チャン・ギョンファン、ナタリー、イアン、ライト、ソンフンで構成された「見ているだけで息が詰まりそうなチーム」と、“闘神”パク・ジョンイクをはじめとした、SoHwan、bonO、Tempt、Sangyoonが集まった「KLEチーム」が対戦する。

(写真提供=アフリカTV)アフリカTV LoLリーグ『ALL」のパイロットシーズンの対戦表

気になる大会レギュレーションと賞金は?

今大会は2月22日から毎週月、水曜日18時にオンラインで競技が行われる。

決勝戦は3月21日にソウル大峙洞(テチドン)の「アフリカフリークアップスタジオ」にて、オフラインで行われる予定だ。

準々決勝ではA、B組デュアルトーナメント3戦2勝制、4強戦と決勝戦はシングルトーナメント5戦3勝制方式で行われ、5試合まで進む場合は「ブラインドピック」方式で試合が行われる。

大会の賞金総額は3500万ウォン(約350万円)だ。優勝チームには2000万ウォン(約200万円)の賞金と、放送定着のためのパソコン及び放送セッティングを支援するとのことだ。

準優勝チームには1000万ウォン(約100万円)を、3位、4位のチームにはそれぞれ250万ウォン(約25万円)の賞金が与えられる。

また「アフリカTV ALL公式放送局」から受けた後援金額も、賞金に累積するファウンディング方式が適用され、大会に出場する選手を後押しする予定だ。

『ALL』パイロットシーズンの試合日程などについてのより詳しい情報は「アフリカTV ALL公式放送局」で確認できる。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集