韓国の人気ユーチューバー691人の収入が公開…「一般会社員の年収の約3倍」

2020年10月07日 社会
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国ユーチューバーの収入が公開された。

10月6日、共に民主党パク・ホングン議員が韓国国税庁から提出された「1人メディア創作者(=ユーチューバー)」の新規登録の現状と2019年下半期の収入申告現況によると、計330人のユーチューバーが収入を申告した総額は、184億9000万ウォン(約18億4900万円)に達した。

【写真】韓国の人気ユーチューバー「TOP10」、気になる収入や年齢は?

これを1人当たりの月平均で単純計算すると、約933万8000ウォン(約93万3800円)の月給となる。年俸にいえば、約1億1200万ウォン(約1120万円)だ。2019年末、韓国国税庁が発表した一般的な会社員(1858万人)の平均年収3647万ウォン(約365万円)よりも、3倍近く高い。

一般的な会社員の年収の3倍

ユーチューバー活動に伴う各種資料を見ると、動画コンテンツ再生回数と中間広告の挿入などを通じて、グーグルから精算された収益は全体の40%である75億5000万ウォン(約7億5500万円)と申告された。

(画像=YouTube)ムン・ボクヒ

ユーチューバーはチャンネル登録者数1000人以上、年間再生時間4000時間以上であれば、動画に広告を出してお金を稼ぐことができる。

特にユーチューバーはグーグルから精算される収益のほか、製品間接広告(PPL)でも利益を上げることができる。PPLの収入規模は、月562万4000ウォン(約56万2400円)ほどと確認された。

韓国国税庁は2019年9月から「1人メディアコンテンツ創作者」のコードを新たに作り、ユーチューバーの事業者登録と収益申告を促した。これにより、課税当局に登録されたユーチューバーは計691人だ。

課税事業者である「映像編集者シナリオ作成者」などの人的施設と、「別途の放送スタジオ」など物的施設を備えたユーチューバーは、計359人と集計された。別途の施設を備えていないユーチューバーは免税事業者で、計332人が登録された。

しかし課税の“死角地帯”で活動するユーチューバーは、依然として存在する。

いわゆる“裏広告”(企業から広告費を受けていたにもかかわらず、それを明示せず、まるで自腹で購入したように商品を紹介したりすること)をはじめ、国際送金、協賛などで脱税するケースが続いている。法制度の改善を求める声も高まっている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集