ついにTWICEまで…“新型コロナウイルス”によるK-POP界の静寂は、いつまで続くのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

TWICEやSHINeeテミンといった超有名アーティストらも、新型コロナウイルスの懸念から公演を暫定的に中止する運びとなった。

【関連】スターや撮影現場を守れ!! 韓国芸能界も新型コロナウイルスに緊張

最近韓国では、同ウイルスの感染者が急激に増えている。これを受けたアーティストの所属事務所らは、続々と公演を無期限に延期した。

まずは、3月初旬にソウルでワールドツアーを締めくくる予定であったTWICEが公演を中止。所属事務所JYPエンターテインメントは2月24日、「TWICEが3月7~8日の2日間にかけて行う予定であった、“TWICELIGHTS”のファイナルコンサートをキャンセルする」と明らかにした。

同事務所はさらに、「アーティストやファンたちの健康と安全を最優先にするため、“多くの人員が集う屋内外のイベントを最大限自制しよう”という政府のコロナウイルスへの対応に積極的に協力する姿勢で最終決定を下した」と説明。これとともに、別途案内を通じてチケットの払い戻し手続きを促した。

SHINeeのテミンも、3月に予定していたソロコンサートを暫定的に延期する。

テミンの所属事務所SMエンターテインメントも同日、「観客の皆様の安全を最優先に考慮し、3月13~15日にソウル・オリンピック公園で開催予定であった“TAEMIN CONCERT Never Gonna Dance Again”を暫定的に延期する。当該のチケットをご予約された方々には、ご不便をおかけして申し訳ない」と立場を明らかにした。前売りチケットに関しては、全額払い戻される予定だ。

SHINeeテミン

また、韓国を訪れる海外アーティストの公演に関してもストップがかかっている。イギリス出身のポップスターMIKAも、新型コロナウイルスの影響で4年ぶりとなる韓国公演を暫定的に延期した。

公演を企画したプライベート・カーブ側は、公式SNSを通じて「3月4~5日の両日間開催される予定であったMIKAの来館公演が、新型コロナウイルスによって暫定的に延期となった」と明かした。本公演のチケットは、手数料なしで全額払い戻されるという。

屋内外のイベントだけでなく、ドラマや映画、各種テレビ番組の撮影現場に対しても厳重な注意が促されている。

韓国マネジメント協会は最近、「著名人やスタッフ、そして一般傍聴客たちの健康保護のために完璧な予防対策の遵守に努めてくれることを切にお願いし、すべての撮影のスケジュールに新型コロナウイルス安全予防・防疫管理指針事項が例外なく適用されることが望まれる」とし、新型コロナウイルス対策に関して今一度強調した。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集