【秘蔵写真】『パラサイト』娘役のパク・ソダム、過去の姿も強烈すぎる!

2020年02月18日 話題 #写真 #韓国映画
このエントリーをはてなブックマークに追加

映画『パラサイト 半地下の家族』で、主人公の娘ギジョン役を熱演、強烈な存在感を発揮したパク・ソダム。

米イリノイ大学で美術を学んだ「ジェシカ」と身分を偽って裕福なパク家の家庭教師になる彼女のキャラクターは、最後の瞬間まで強い印象を与えた。

【画像】パク・ソダム、弾けるみずみずしさで魅せる

いま、韓国で最も旬な女優とも言えるパク・ソダムは、1991年9月8日生まれの28歳。

韓国芸術総合学校演劇院で演技を学び、2013年に短編映画で女優デビューを果たす。

『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』に出演した女優キム・ゴウンの「そっくりさん」としても有名だが、2人は奇遇にも大学時代の同級生だ。

自主映画『INGtoogi』(2013年作)や『京城学校:消えた少女たち』(2015年作)などで助演から着実に経験を積んだパク・ソダム。

映画『京城学校:消えた少女たち』スチール写真

2015年に出演した『王の運命-歴史を変えた八日間-』と『プリースト 悪魔を葬る者』では、助演でありながらも強い存在感を放ち、同年の「青龍映画賞」「釜日映画賞」などで助演女優賞を受賞した。

映画『プリースト 悪魔を葬る者』スチール写真

韓国映画で歴代5位の観客動員数を記録している『ベテラン』(2015年作)では、俳優ユ・アインと共演する。

映画『ベテラン』スチール写真

2016年には、アジア地域での初演だった舞台『Let Me In』でのバンパイヤ役が大好評を博す。

舞台『Let Me In』より

同年のKBSドラマ『ビューティフル・マインド~愛が起こした奇跡』で地上波ドラマ初主演を果たし、tvNドラマ『シンデレラと4人の騎士』でもヒロインを務めた。

そして、2019年の映画『パラサイト 半地下の家族』でカンヌ国際映画祭、アカデミー賞にも出席するなど、世界中から注目を集める女優に。

今年は、主演映画『Fukuoka』の韓国公開を3月に控えており、tvNの新作ドラマ『青春記録』(原題)で俳優パク・ボゴムとの共演も決まっている。

着実に演技経歴を積み重ね、主演級女優として成長したパク・ソダムの今後の活躍に目が離せない。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事