東方神起とコラボした美術作品『TVXQ!』が話題。赤色に光る強烈なインパクト

2020年01月22日 話題 #東方神起
このエントリーをはてなブックマークに追加

K-POPグループ東方神起とチリ出身の美術家イバン・ナヴァッロ(Ivan Navarro)のコラボレーションが話題だ。

【関連】「しっかり者のスター」1位は東方神起ユンホ。圧倒的支持率に誰もが納得?

1月22日、東方神起の公式インスタグラムには「SMTOWN MUSEUM」に展示されている作品の写真がアップされた。

写真に写っているのは、イバン・ナヴァッロが東方神起をモチーフにして作った美術作品『TVXQ!』。イバン・ナヴァッロがK-POPアーティストとコラボレーションするのは、東方神起が初めてという。

イバン・ナヴァッロは、光に対する子供時代のトラウマをネオンや蛍光灯を用いた作品へと昇華させ、その世界的に注目を集めるアーティストだ。

彼の作品は現在、ニューヨークのソロモン・R・グッゲンハイム美術館(Solomon R. Guggenheim Museum)をはじめ、ロンドンのサーチ・ギャラリー(Saatchi Collection)、パリのルイヴィトン・コレクション(LVMH Collection)などに所蔵されている。

『TVXQ!』は、イバン・ナヴァッロが手がけているドラムシリーズの一環として、彼のシグニチャーであるネオンを東方神起の象徴カラーである「パールレッド(Pearl Red)」で具現。ステージの上で東方神起が見せるパフォーマンスのように、強烈でパワフルな印象を与えている。

東方神起とイバン・ナヴァッロのコラボ作品『TVXQ!』は、韓国・ソウルに位置するSMTOWN Coexartium3階、SMTOWN MUSEUMにて展示中。

(写真=東方神起の公式Instagram)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事