【公式】NU’EST、音源買占めチャート操作疑惑を一蹴「番組は謝罪と訂正を」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボーイズグループNU’ESTの所属事務所エンターテインメントが、音源買占め疑惑を取り上げたSBSの番組『それが知りたい』について、番組制作陣に謝罪と訂正を求めた。

1月5日、Pledisエンターテインメントは公式報道資料を通じて、「当社は音源の買占めと関連されたいかなる不法、不正行為もしていないことを明確に明らかにする」とした。

【関連】NU’EST Wが過ごした“夢のような”1年6カ月についても言及【インタビュー】

これに先立つ1月4日に放送されたSBS『それが知りたい』に登場した一般人男性が、「私が聞くことも購入することもない歌手の音源購買内訳があった」は発言し、その証拠として示した電子メールには、NU’ESTの音源を購入した内容が盛り込まれていた。

このため、放送後に視聴者の間では、「NU’ESTも音源買占めと関係があるのではないか」という意見が出た。

(写真提供=Pledisエンターテインメント)

Pledisエンターテインメントは「当社所属のアーティストと問題があるように関連付けたことに対して、深い遺憾を表明する」とし「最善を尽くして数年間努力してきたアーティストが『それが知りたい』の放送によって拭えない名誉毀損と憶測と噂が広がっていて深刻な被害を被ることになった」とした。

それとともに「当社所属のアーティストとは関係ない事件が、該当放送によって音源買占め疑惑歌手として放送画面にグループの実名がそのまま露出した部分に対する過ちを認め謝罪と再確認など訂正を要請する」と伝えた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事