うつ病や過食症を告白するK-POPアイドルたち…“残酷史”はいつまで続いてしまうのか

2019年12月25日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年はK-POP女性アイドルたちの苦しみが浮き彫りになった1年だった。

優れた歌唱力とダンスパフォーマンスに加えて美しい容姿を披露して、絶大な人気と影響力を誇るのがK-POPガールズアイドルたちである。

アメリカの映画批評サイト『TC Candler』が選定している年末年始の恒例「世界で最も美しい顔100人」にも、毎年のようにK-POPガールズアイドルたちが多数ノミネートされ、その多くが上位にランクインもする。

【写真】「世界で最も美しい顔100人」に選ばれたK-POPアイドルは?

ただ、スマホやSNSが当たり前になった現代において、もはや心身ともに休める時間はないようにも見える。

 “自己管理”という名目でいつどこでも完璧な容姿を求められ、服装、姿勢、表情、口調、性格、恋愛観、思想など、思いも及ばないところにまで厳しい目を向けられるからだ。

少女時代や元KARAのメンバーも告白

その証拠に、実に数多くの女性アイドルたちが摂食障害、パニック障害、睡眠障害、うつ病などを訴えている。

例えばOH MY GIRLのジニは無理なダイエットによる拒食症に、元KARAのホ・ヨンジとパク・ギュリは過食症に苦しんだことがある。

人気ソロ歌手IUは睡眠障害と過食症を、少女時代テヨンと元2NE1のコン・ミンジ、元MissAのペ・スジなどは、うつ病を発症したと告白した。

少女時代テヨン

それだけではない。

Red Velvetのアイリーンは以前、小説『82年生まれ、キム・ジヨン』を「休暇中に読んだ」と発言しただけで一部男性からのバッシングに晒されたし、元4minuteのヒョナは今年7月、普段と違うメイクをした自撮り写真によって“整形疑惑”が浮上して炎上を巻き起こした。

ソルリやク・ハラも苦しんでいた

そんななか、今年10月には元f(x)のソルリが、11月には元KARAのク・ハラが自ら命を絶ってしまった。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集