故ク・ハラの実兄、幼少期の写真と共に生前のメッセージを公開。「会いたい、愛する妹」

2019年11月28日 話題 #KARA
このエントリーをはてなブックマークに追加

急逝したク・ハラの実兄が、亡き妹を懐かしんだ。

【関連】KARA出身ヨンジ、ク・ハラの訃報を受けて撮影スケジュールを中断

ク・ハラの兄は11月27日、自身のSNSに「ようやくこのように写真を投稿している。(ク・ハラを)愛してくださって、ありがとうございました。会いたい、僕の妹。うちのハラ」と投稿し、数枚の写真をアップロードした。公開されたのはク・ハラの幼少期の写真と、生前に故人と交わしたメッセージ内容だった。

当該のメッセージでク・ハラの兄は、「どうか、兄さんからのお願いだ。良くないことは考えないで、体調を崩さずに健康を大事にして。時間が経てば結婚して子供も産んで、残された人生を長く生きてくれればいい。悲しいときは思いっきり泣いて吐き出して…すべてを吐き出してしまうことはできないかもしれないけれど…愛している、僕の妹」と励ましの言葉を伝えている。ク・ハラがこれに対して「愛してる兄さん」「心配しないで」と返答しているだけに、さらに切なさを感じさせる。

また、ク・ハラは兄の「美味しいものを持っていくよ」という言葉に対しても、愛嬌たっぷりに「わかった」と答えている。兄とのツーショットも共有し、仲睦まじい様子を見せた。

当該の投稿を見たファンもまたク・ハラを哀悼し、再び故人を思い出した。

(写真=ク・ハラの実兄のInstagram)

ク・ハラは11月24日に自宅で死亡した状態で発見された。日本で活発な活動を繰り広げていた矢先の訃報は、多くのファンに衝撃を与えた。11月27日には出棺が執り行われ、告別式には家族や親族、知人のほか、KARAとして活動を共にしたパク・ギュリ、ハン・スンヨンといったメンバーの姿もあったという。

ク・ハラは盆唐(ブンダン)スカイキャッスル追慕公園に安置され、永眠した。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集