“TWICEジヒョと熱愛”のカン・ダニエル、現在の心境を語る。「プレッシャーよりも責任感が大きい」

2019年09月17日 話題 #写真 #TWICE #Wanna One
このエントリーをはてなブックマークに追加

去る7月にソロアルバムをリリースしてカムバックした元Wanna Oneのカン・ダニエルが、ファッション誌『COSMOPOLITAN KOREA』のカバーを飾った。

(関連記事:TWICEジヒョ♥カン・ダニエル、近隣住民はすでに知っていた「ジヒョがゴミ出しを…」

自身初のソロアルバム『color on me』を通じて華麗なソロデビューを果たしたカン・ダニエルは、「ファンの皆さんの期待に応えることも重要だけど、今回のアルバムでは多様な姿を見せたいという思いが一番大きかった」と明かした。

あるブランドの広告モデルに抜擢されたカン・ダニエルは、今回のグラビア撮影で多彩な魅力を発散。モニターチェックを欠かさなかったことはもちろん、豊かな表情とさまざまなポーズで並みならぬプロフェッショナルぶりを見せた。

(写真提供=『COSMOPOLITAN KOREA』)

カン・ダニエルは最近、公式ファンクラブの名称を「DANITY」(ダニティ)に決めた。これは“Daniel”(ダニエル)と“~ity”を合わせた造語で、「カン・ダニエルがファンと共に過ごす、すべての瞬間が特別」という意味が込められている。

ソロアルバム『color on me』は、リリースから3日で売り上げ40万枚という驚異の数字を叩き出した。その後も好調な売り上げ枚数を記録し続け、結果的に初週売り上げ(7月29日~8月4日集計)は46万6701枚に。ソロアーティストの歴代最高記録に8万枚以上の差をつけてトップに躍り出た。

ソロデビュー以降絶好調の歩みを続けていることについては、「ファンの皆さんにいつも感謝している。皆さんからの応援には、プレッシャーよりも責任感をたくさん感じている。何事もポジティブにチャレンジする姿をよく思ってくれて、幸せだ」と伝えたカン・ダニエル。

「アーティストは人々に単純な楽しさを与える以上の、肯定的な影響を与えられる存在だと思っている。僕も、そんなアーティストになるために一所懸命努力する」と抱負も語っている。「どんな言葉よりも“やっぱりカン・ダニエル”という一言が一番大きな刺激になる」と付け加え、幸福感も伝えた。

(写真提供=『COSMOPOLITAN KOREA』)

カン・ダニエルの魅力あふれるグラビアとインタビューは、『COSMOPOLITAN KOREA』10月号と同誌のウェブサイトを通じて見ることができる。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事